GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 『吉宗3』に続くヒットも!?
NEW

パチスロ6号機『吉宗3』に続くヒットの予感も…大都技研の「大物シリーズ」検定通過!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ6号機『吉宗3』に続くヒットの予感も…大都技研の「大物シリーズ」検定通過!!の画像1

「ファンが選ぶパチンコ・パチスロ大賞2019」のパチスロ部門で栄えある大賞に輝いた『Re:ゼロから始める異世界生活』。1G純増約8枚の快速ATや、設定6における安定感の高さがファンの心を掴んだと言えるだろう。

 そんな6号機を代表するヒット作を発表した大都技研は、高度な目押しを必要とする「設定C」「設定C+」を搭載した『バンバンクロス』や、驚愕の知識介入機『いろはに愛姫』といった話題作を続々とリリース。パチスロ新時代を牽引している。

 他にも業界を牽引する『番長』シリーズ最新作を導入し注目を集めた同社。その中でも圧倒的存在感を放っているのは、デビューから好稼働を維持し続ける『吉宗3』だ。

 初代の優秀遺伝子を色濃く継承。「6号機史上最高の出玉性能」とも評されている。ビッグは3以上の特化ゾーンを獲得でき、平均して「711枚」を獲得できる仕様だ。

 さらに消化中は、お馴染み「ビッグ1G」抽選も行われる。その破壊力を称賛するユーザーが続出した。「2020年MVPの筆頭」との呼び声も高い。

 低迷する6号機市場に新たな風を呼び込んだ印象の『吉宗3』。大都技研の手腕が改めて注目されており、さらなるサプライズへ期待が高まっていたわけだが…。

 一部で話題になっていた「大都技研のキラーコンテンツ」がついに始動した。パチスロ新台『S政宗3 CA5』が検定を通過し、早くも大きな話題となっているのだ。

「政宗シリーズ」といえば強力な上乗せ性能が特徴。2011年に登場した初代『政宗』は、1G純増約1.3枚のART機能「隻眼ノ乱」が出玉増加の主軸。ART中は青7揃いでゲーム数上乗せ確定し「秀吉決戦」突入後は消化中に青7揃いが連発する。一気大量上乗せが狙える仕様は、多くのファンを魅了した。

「続いて登場した『政宗2』も、初代と同じくART中は青7揃いでゲーム数上乗せが確定し特化ゾーン『秀吉決戦』を搭載。どちらも一撃で大量出玉の獲得が可能な強力な仕様でした。今作も『秀吉決戦』が出玉のカギと予想する声は多かったですね。

さらには『前作を踏襲したAT機が濃厚』『7揃いがポイントになるはず』といった内容も早い段階より浮上。一部では『6.1号機の可能性大』とも囁かれており、動向に注目が集まっていました。

正式な発表はありませんが、ループ率やエンディング到達期待度など興味深い部分に関する内容も多く存在。想像しただけで期待は高まります。導入日を含めた続報に注目ですね」(パチスロライター)

 パチスロ6号機市場において抜群の存在感を放つ大都技研。検定を通過した『S政宗3』は、ファンを歓喜させる仕上がりとなっているのだろうか。ヒットメーカーの、さらなるサプライズを期待したいところだ。

【注目記事】

パチンコ「超速」右打ち「1100発70%」へ期待!最強の「キラーコンテンツ」が降臨!!【激アツ新台情報】

パチンコ「初当り“0”」で大量出玉ゲット!? 「無限の可能性」を秘めた“最強”システムに驚愕!!

甘デジ極限「約90%ループ」で目指せ“100連”! 年末年始は「超爆裂スペック」で一攫千金!!

パチスロ6号機『吉宗3』に続くヒットの予感も…大都技研の「大物シリーズ」検定通過!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合