GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > レジェンドライターたちが語る「好きなパチスロメーカー」
NEW

「音もよかった」「甘かった」レジェンドライターたちが語る「好きなパチスロメーカー」とは?

パチスロ イメージ画像
パチスロ イメージ画像

<目次>

 1980年に設立された日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)。発足当時の組合員はマックス商事、尚球社、瑞穂製作所、パイオニア、高砂電器産業、エボン、ナック製作所、ひらどや、東京パプコの9社だった。日電協の公式HPによると、現在の組合員は21社。賛助会員を含めると、48社にも及ぶ。

ベテランライターたちが選ぶ「一番好きなパチスロメーカー」

 先日アップされたパチンコ・パチスロ系YouTubeチャンネル「ぱち馬鹿っ!!」内の動画では、ゲストにベテランライターのグレート巨砲氏をゲストに招いて、「一番好きなパチスロメーカー」について談議。その内容に反響が寄せられている。

 まず、レギュラーメンバーで元パチスロ攻略マガジン軍団長のBOSS氏は、「メーカーとか機種じゃなくて、勝てるか負けるか」「勝てるのしか打ちたくない」というスタンス。よって、当質問に「ムズい」としたが、絞り出した答えは「オリンピア」だった。

 BOSS氏は2-1号機の『バニーガール』や2-2号機の『スーパーバニーガール』が「面白かった」とし、中でも『バニーガール』は印象に残っている様子。「ズレ目のハイエナとかもやれていた」そうで、「(ボーナスの)生入りの衝撃」「音もよかった」と振り返った。

 当サイトのコラムでもお馴染みで、同じくレギュラーメンバーのアニマルかつみ氏は、「やっぱりユニバーサル」と即答。「傷ネタもいろいろあった」ものの、筐体や絵柄のデザインを含めて「しっかりしていた」とし、サウンドについても「高音質にこだわりを持って作っていた」と評価した。

 また、スペックに関しては「甘い台を作っていた」とし、瑞穂製作所の2-2号機『センチュリー21』は1,024Gに天井が存在する点、前ビッグ終了から529G以降はハマリ救済措置として33Gごとにボーナス確率が変動する点などを説明。メーシー販売の2-2号機『リバティベルⅢ』は設定変更時、特定の乱数を拾えば「11G連チャンバージョン」に切り替わる点などについても触れた。

苦手だったメーカーとして挙げたのは…

 一方で、苦手だったメーカーとして挙げたのはサミー。その理由として「昔のサミーは辛い」上に、提携先のニイガタ電子精機がリリースした2-2号機『アラジン』のような「一発逆転マシン」がメインであることを告げたが、「筐体が変わってからはゲーム性もすごい広がって新しいことにチャレンジしている」とし、今では「好意を持っている」そうだ。

 さて、そんな中で順番が回ってきたゲストのグレート巨砲氏は一体、どのメーカーをチョイスしたのか。詳しくはネタバレを避けて割愛するが、選んだ理由も“いかにも”な感じである。興味のある方は是非ともご視聴いただきたい。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

「音もよかった」「甘かった」レジェンドライターたちが語る「好きなパチスロメーカー」とは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合