GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコ人気アニメ「大苦戦」?
NEW

パチンコ右打ち「50%が2400個」最新作! 「超人気コンテンツ」は魅力も「大苦戦が濃厚」の声……

【この記事のキーワード】, ,
パチンコ右打ち「50%が2400個」最新作! 「超人気コンテンツ」は魅力も「大苦戦が濃厚」の声......の画像1

 ゲームをはじめTVアニメやノベライズなど、数々のメディアミックスで作品を展開する人気コンテンツ『シュタインズ・ゲート』が待望のパチンコ化。『CRシュタインズ・ゲート』(ニューギン)が6月に登場予定となっている。

 演出には、原作アニメを手掛けた制作会社「WHITE FOX」による描き下ろし映像を収録。原作の名シーンはもちろん、パチンコならではの演出も搭載するなど「誰もが楽しめる1台」と言えるだろう。

 気になるスペックは大当たり確率約1/319、確変突入率50%、継続率65%のV入賞確変ループタイプ。右打ち時は「約2400個が50%」と納得の出玉感を堪能できる。

「平均継続回数は約3.5回で期待値も4000個超と、ニューギンさんの看板機種『真・花の慶次2』と変わらないレベルですね。初当たりで確変へ突入しない場合でも時短100回が付くようですし、スペック的には悪くないと思います」(パチンコ記者)

 出玉面も大きな魅力であるが、盤面右側にある「シュタインズ・ゲート」も見逃せない特徴だ。大当たり時に玉を通すことでラウンド抽選が行なわれ、確変中は時間を戻しヒロインのピンチを回避し継続の期待を高める。原作の世界観をより高い次元で体感できそうだ。

 今年4月からは続編である『シュタインズ・ゲート ゼロ』(TOKYO MXほか)の放送が始まっていることもあり、注目度は非常に高い様子。早くも期待の声が上がっているようだが……。

『CRシュタインズ・ゲート』が抱える問題点を指摘する声は多い。

パチンコ右打ち「50%が2400個」最新作! 「超人気コンテンツ」は魅力も「大苦戦が濃厚」の声......の画像2

「人気コンテンツということで反響を期待することは当然ですが、以前にオーイズミさんから出たパチスロの評価が低いことが気になりますね。良い印象を持っているユーザーは少ないでしょうから、原作ファンでなければ興味を示さないかもしれませんよ。もちろん似たようなケースで、成功を収めた機種はありますが……。

最近のニューギンさんに、ヒット機種が少ないという点も気になります。看板機種の『花の慶次』も、かつての勢いが感じられませんからね。同時期には超話題作『カイジ』がリリース予定ですし、導入を控えるホールもあるでしょう」(同)

 知名度や人気に比例して稼働率が見込めるのは当然だ。『北斗の拳』や『エヴァンゲリオン』が結果を残しているように、人気アニメとのタイアップ機がヒットする可能性は高いと言えるだろう。『シュタインズ・ゲート』も同様ではあるが……。

 待望のパチンコ化も「苦戦する要素」があることは間違いなさそうだ。

パチンコ右打ち「50%が2400個」最新作! 「超人気コンテンツ」は魅力も「大苦戦が濃厚」の声……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチマックス
  • 総合