GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 初打ち「4000円で万発オーバー」…話題になったアノ問題にも不満なし!?
NEW

パチンコ初打ち「4000円で万発オーバー」…話題になったアノ問題にも不満なし!?

パチンコ初打ち「4000円で万発オーバー」…話題になったアノ問題にも不満なし!?の画像1
「高突入×高継続×高出力」時代が求める3要素を徹底追求したマシンで勝負!!

 2022年の初打ちを、先日ようやく済ませてきた。

 狙いは新感覚デバイス「スマートハンドル」を採用した『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』。「ハンドルを奥に回す」という操作にしたことで、手や腕への負担を軽減させることに成功している。「長時間遊技しても疲れない」といった声も多く聞こえ、パチンコの歴史を変える存在となりそうな気配だ。

 スペックも非常に優秀である。大当り約1/319で、時短引き戻しを加味したST突入率は約70%と安定感は抜群。出玉のカギを握るRUSHの継続率は約81%で、右打ち時は全て10R・1500発と強力である。

 同等の攻撃力を有したマシンは存在するが、ST突入率約70%という安心感を兼ね備えている点は大きいだろう。新たな『エヴァ』伝説の始まりを予感するファンも多いようだが…。

 【注目記事】
パチスロ「GOD揃い無効」など厳罰すぎるペナルティ…たった一度の過ちが巻き起こした悲劇とは!!
パチンコ「右半分2000発×100%ST」の激熱ライトミドル! レジェンド誕生の礎を築いた名機を振り返る

 それだけ好評ということもあり、連日高稼働を実現している状況。夕方からの実戦では、空き台を見つけるのは非常に困難であった。しばらく様子を見るか考えたが、この日は早々に諦めることにしたのである。

 そうなると選択するのは、お気に入りの『ぱちんこ 乃木坂46』ということになる。スペックも演出も申し分なし。未だ快勝はできていないが、1年のスタートを大好きなマシンに任せるのも悪くないだろう。

 そう考え『乃木坂』のシマへ向かったのだが、その途中で業界を代表する“大物”が目に入ってきた。そのマシンは「高突入×高継続×高出力」という、時代が求める3要素を徹底追求した仕上がりだ。

 非常に気になる1台ではあったが、昨年中に遊技することはなかった。最近のシリーズにネガティブな印象を抱いていたということもあるが、『乃木坂』を最優先してきた結果であるのは間違いない。

「そろそろ打ちたい気もするな」といった気持ちも芽生えてくる。そのシマは1つ以外が空き台という状況。パンパンの状態で打つのは好きではないので、それも惹かれた要因である。

 少し考え「よし。打とう」と決断。1年の流れを決めると言っても大袈裟ではない初打ちを「究極スペック」に託したのであった。

『P北斗の拳9 闘神』(銀座製)

■大当り確率:約1/319.7
■右打ち時図柄揃い確率:約1/29.5
■バトルモード突入率:約66%
■バトルモード継続率:約81%
■転落小当り確率:約1/105.1
■賞球数/カウント:1&4&7&15/10C
■時短回数:1回or900回
■大当り出玉:10R約1500発+秘孔チャッカー 3R約450発+秘孔チャッカー

○○〇

 原作はもちろん、パチンコ・パチスロでも大熱狂させてくれた『北斗の拳』シリーズ最新作。継続率約81%の「BATTLE MODE」を搭載しており、右打ち中の大当りはALL1500発を獲得できる。さらに「秘孔チャッカー」によって、通常の出玉に100発以上の出玉が加算されるという仕様だ。

 ヘソ大当り時は59.4%でラッシュ直行、40.6%が「七星チャレンジ」へ突入で突破できれば「BATTLE MODE」が確定する。トータルRUSH突入率は約66%。とりあえず、どんな形でもいいのでRUSHに入れることを目標に打ち始めた。

 台の状態は悪くない。しかしながら、3本目を消化するまでに熱い展開は何もなし。それどころか、本当に何も起きないという退屈な時間を過ごしていた。次第に集中力が切れてくる。後ろで景気の良い音を響かせる『乃木坂』の様子が気になりだしたのだが…。

 そんな私を連れ戻すかのように北斗が動き出す。4本目を投入した瞬間に状況は一変したのだ。

 神拳BATTLEのストックゾーン「神拳FESTIVAL」へ突入。「神拳」のアイコンを貯めた数だけ神拳BATTLEが発生する大チャンスが到来したのである。

「少しでも多くのストックを!」と願いながらボタンを押していたのだが、合計4個を獲得することに成功。上出来である。余裕を持って展開を見守っていると、問題なく大当りを与えてくれたのだった。

 しかもラウンド開始前に図柄昇格演出が発生。投資4本で、念願のBATTLE MODEをゲットできたのだ。

 ここまでくれば「究極闘神スペック」を存分に堪能したいところ。ここは「覇王MODE」を選択する。これまでシリーズで大爆裂を実現してくれた、世紀末覇者ラオウに全てを託したのだった。

 その願いを拳王は叶えてくれる。出現するジュウザとトキを、赤子をひねるかのように蹴散らしていく…さすがの強さだ。剛腕が炸裂しまくり、気が付けば万発を超える出玉を手にしていたのであった。

パチンコ初打ち「4000円で万発オーバー」…話題になったアノ問題にも不満なし!?の画像2

 結果は9連13414発。もう少し伸びるかと思ったが、投資も少なく十分に楽しめたので満足である。

 初打ちをした感想だが、やはりALL1500発+秘孔チャッカーの出玉感は強烈だ。北斗らしい一撃を堪能できた。

 その一方で、ユーザーから指摘されているように爽快感は弱いのかもしれない。昨今の流行りを考えれば、満足できない方がいることも仕方がないだろう。しかしながら、バトルを堪能しつつ消化するという意味では十分なスピードではないかとも感じた。

 いずれにせよ、投資4本での快勝。2022年は良いスタートを切ることができた。『北斗9』に感謝である。

(文=木戸範孝)

<著者プロフィール>
 Webメディアに掲載されるスポーツ関連記事の作成および編集業務を経験。その後はGJにて競馬やパチンコ・パチスロ、スポーツなどを担当している。現在はパチンコ・パチスロ分野に力を入れており、自身が好む爆裂タイプの動向に注目している。業界ニュースも担当。業界関係者への取材を元に、新台関連の記事も多く作成している。

パチンコ初打ち「4000円で万発オーバー」…話題になったアノ問題にも不満なし!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 1月にパチンコホールが大量閉店…夏の〇〇でさらなる悲劇も? 大御所ライターが業界の未来を予想
  2. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  3. 【パチンコ新台】高ループST駆け抜け後も「必ず時短発動」の極上仕様… 最も長く遊べる鉄板シリーズがスマパチで登場
  4. 【パチンコ新台】超ド級甘デジが爆誕… トータル継続率は「驚愕の約96%」唯一無二の終わらない感を実現!
  5. 「オワコン感が漂ってくる」〇〇ばかりのパチンコ業界に大御所ライターが復活方法を提案
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【SANKYO新台】往年の名作パチンコ最新作は「シリーズ最高峰の甘デジ」19インチ液晶でカスタム機能も搭載!
  8. 【パチンコ新台】159の軽さで「2000発当りが半分以上」! 暴力的出玉性能でホールをノックアウトする漢気マシン!
  9. 【甘デジ新台】ハマるほど激アツ!通常時100回転消化で「遊タイム+RUSH突入」の新感覚パチンコがデビュー!
  10. パチンコ革命「時速約600回転」の衝撃!『牙狼』最新作ついに降臨!!【新台分析―パチンコ編ー】
  11. 【強アマ新台】覇権マシン最新作は「ツイン突破型システム」を装備!「81%ループ×10R比率60%」甘ライトのトップを目指す