GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 「新たな広告規制」についてパチンコ業界の重鎮が大胆予想
NEW

「新たな広告規制」についてパチンコ業界の重鎮が大胆予想

【この記事のキーワード】,

「新たな広告規制」についてパチンコ業界の重鎮が大胆予想の画像1

「晒し屋」はどうなる?新たな広告規制

 全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進のホール関係4団体は9月25日、ホールの広告宣伝に関する「業界として禁止する広告宣伝について(第2報)」を通達した。

 この件については業界サイト「PiDEA」が詳しく報じており、これによると、禁止と明言されたのは①「ホールの設定状況を示唆することを目的として、第三者が公約系サイトやホール取材サイト、SNS等で用いている図柄等を表示すること」、②「特定機種と関連付けることにより設定を連想させる図柄等(レインボー柄やキリン柄等)を表示すること」、③「特定機種の時差開放の告知について、対象機種やコーナー等を日替わりで表示すること、または同一機種内の一部の遊技機を対象として表示すること」の3点だという。

 このうち、やはり注目せざるを得ないのが①。10月1日施行の「ステマ規制法」とは関係ないと思われるが、初めて「晒し屋」関連の問題に見解を示した格好で、これには業界の重鎮であるヒロシ・ヤング氏と大崎一万発氏も素早く反応している。

 ヤング氏が主宰するYouTube「ヤングちゃん、寝る?」内の動画によると、この①について大崎氏は「商材屋さんや媒体」にも影響があるそうで、端的に言えるのは媒体の広告掲載日、媒体のロゴを掲載した広告などはNGとのこと。既に多くの「キャンセル」が相次いでいるそうだ。

 また、「第三者のSNS」が晒し屋にあたるとし、これに関してはヤング氏が「第三者を装う体で、一般ユーザーが明日を勝手に予想する」という、晒し屋が生まれた経緯を説明。「実は、これはお店と繋がっていて、金銭の授受があるケースが多い」とも明かした。

「客の目線からしたら晒し屋は悪くない」と

 周知の通り、現在は、この晒し屋が横行。大崎氏としては「メイン」との見解だそうで、ヤング氏も「お店としては、出す日は知ってもらいたい」「それがままならんから、なんとか違う方向でわちゃわちゃやっていく中で(晒し屋が)一番有効だった」と続けた。

 ただ、やはりこれは「バレバレ」であることから、今回の通達は「健全化への流れ」と理解。一方で、ヤング氏は「晒し屋はやめましょうというメッセージは受け取ったけど、じゃあお店さんは今後、どうやってしのいでいくのか」と疑問を呈し、「また例によって抜け道はたくさんありそう」と持論を述べた。

 この意見には大崎氏も「影響力のあるところは、またやり方を変えて、同じようなことをやっていくんじゃないか」と予想。「客の目線からしたら晒し屋は悪くない」とし、「どっちがいい悪いとかではない」「これはお店が長生きするためのひとつの課題」とヤング氏と納得する場面もあった。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

「新たな広告規制」についてパチンコ業界の重鎮が大胆予想のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合