GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 爆裂のスマスロ界を牽引するSANKYO 人気シリーズ最新作は大量出玉を呼び込む「疑似ボーナス突破型AT」
NEW

【新台】爆裂のスマスロ界を牽引するSANKYO 人気シリーズ最新作は大量出玉を呼び込む「疑似ボーナス突破型AT」

【この記事のキーワード】, ,
【新台】爆裂のスマスロ界を牽引するSANKYO 人気シリーズ最新作は大量出玉を呼び込む「疑似ボーナス突破型AT」の画像1
公式YouTubeチャンネルより

パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』や『パチスロ からくりサーカス』が好調なSANKYOはこのほど、同社のスマスロ第三弾となる最新タイトル『Lパチスロ マクロスフロンティア4』の発売を発表。公式プロモーションムービーを公開し、大まかなゲーム性を紹介した。

『マクロスフロンティア』は、同社が誇る看板シリーズのひとつ。記念すべきパチスロ第1弾は2012年に登場した『パチスロ マクロスフロンティア はじまりの歌、銀河に響け!』で、ボーナスとART「バルキリータイム」の連鎖で出玉を増やす仕様だ。

 そのARTは1セット40G+α、1G純増約1.5枚で、当選時は「トライアングルチャンス」からスタート。選択されたキャラで初期ゲーム数が変化し、キャラ全員から移行する「超時空ライブ」は平均200Gの大量獲得が見込める。

 2014年にデビューした『パチスロ マクロスフロンティア2』は、リアルボーナスから疑似ボーナスへとシフトチェンジ。疑似ボーナス、ART共に1G純増は約2.4枚で、やはりART突入時にはトライアングルチャンスで初期ゲーム数を決定するほか、ゲーム数上乗せの「クライマックスチャレンジ」や「バジュラッシュ」、ボーナスストックの「アンタレスモード」といった特化ゾーンもある。また、2015年にはボーナス+ARTタイプの強化版『パチスロマクロスフロンティ2 Bonus Live ver.』も登場した。

 2017年に導入された『パチスロ マクロスフロンティア3』はセット数上乗せ&継続率管理のART「ギャラクシーツアー」を搭載。1G純増は全設定共通145分の1のボーナス込みで約2.0枚となり、ART開始時は「マクロスチャンス」で継続率や上乗せ特化ゾーン突入が示唆される。

新たな「トライアングル」が大量出玉を誘発

【新台】爆裂のスマスロ界を牽引するSANKYO 人気シリーズ最新作は大量出玉を呼び込む「疑似ボーナス突破型AT」の画像2

 それ以来の新作となる『Lパチスロ マクロスフロンティア4』は、疑似ボーナス突破型ATタイプ。通常時は「歌姫ボーナス」当選で「歌姫ZONE」へ移行し、AT突入を賭けたゲームが展開される。

 AT「バルキリータイム」当選時は「トライアングルチャンス」が始まり、キャラに応じて初期ゲーム数を獲得。AT中はゲーム数上乗せ、AT中ボーナス高確率ゾーン、ボーナス(純増約5.0枚)抽選などが行われ、新たな「トライアングル」が大量出玉を誘発するという。

 加えて、AT中には2択成功でボーナスを得られる「歌姫ドライブ」、その歌姫ドライブのストックゾーン「超時空バジュラッシュ」といった出玉トリガーも用意。特定条件を満たせば上位AT「超時空バルキリータイム」と「もってけボーナス」が90%でループし、ループ終了後は引き戻しゾーン「最終決戦」勝利で超時空バルキリータイムへ再突入するようだ。

 なお、導入は2024年の1月上旬を予定している。 

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

【新台】爆裂のスマスロ界を牽引するSANKYO 人気シリーズ最新作は大量出玉を呼び込む「疑似ボーナス突破型AT」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合