GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 驚愕の「5400段階設定」で出玉の波を自在に演出… 貯金バージョンが有名な裏モノパチスロ名機
NEW

驚愕の「5400段階設定」で出玉の波を自在に演出… 貯金バージョンが有名な裏モノ3号機【パチスロ名機列伝】

【この記事のキーワード】, ,
驚愕の「5400段階設定」で出玉の波を自在に演出… 貯金バージョンが有名な裏モノ3号機【パチスロ名機列伝】の画像1

 1号機の『ハイアップ』、1.5号機の『ハイアップターボ』、2-1号機の『ガルーダ』、2-2号機の『リスキーダック』と、タイヨー伝統の右レバーを継承した3-1号機『ミラクルUFO』がデビューしたのは、3号機時代の末期、1992年のことだった。

 爆裂裏モノ『リスキーダック』の後継機として注目を集めた本機だったが、出玉性能よりも特筆すべきは過去に例を見ない独特なリール配列。左リールにBAR絵柄が「8個」、右リールに7絵柄が「6個」という配列は、当時としては極めて異例で、「プラム・プラム・7」「スイカ・スイカ・7」という特殊な組み合わせの15枚役も、当時のプレイヤーたちの好奇心を掻き立てた。

 リーチ目は7絵柄やBAR絵柄のテンパイ型がメインで、全て「スベリ」を伴うことが条件。特異な配列の割に分かりやすい出目演出だったが、最終的には裏モノ化され、マイナー機のまま生涯を終えた。

史上初の「オールボタン式筐体」を採用

 同年にデビューした同社の3-2号機『トライアンフ』は伝統の右レバーを廃止するどころか、レバー自体を非搭載。全ての操作をボタンで行う史上初の「オールボタン式筐体」を採用し、導入当初から大きな話題を集めた。

 ゲーム性はビッグ確率約356分の1~273分の1、REG確率約221分の1~137分の1とREG偏向の遊べるタイプだったが、すぐさま裏モノ化。同期の『ペガサス412』(パル工業)や『ミスターマジック』(サミー工業)などと共に、爆裂連チャンブームの一翼を担った。

裏モノの中でも、特に有名だったのが「貯金方式」

 ハウスモノを含めて数ある裏モノの中でも、特に有名だったのが合計5,400段階もの設定パターンがある「貯金方式」。その詳細は通常設定が6段階、貯金確率の設定が10段階、放出確率の設定が9段階、貯金目標数の設定が10段階で、これらを全て掛け合わせると5,400となるわけだが、それを使いこなすことは不可能に近かった。

 また、この裏モノはワンタッチでのモーニング機能や強制貯金機能など、あらゆるゲーム性を自在に演出することが可能。その画期的なシステムは、今なおオールドファンたちの間で語り継がれている。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

驚愕の「5400段階設定」で出玉の波を自在に演出… 貯金バージョンが有名な裏モノ3号機【パチスロ名機列伝】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合