GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼
NEW

「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼

【この記事のキーワード】, ,
「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼の画像1
開演前のトークライブ会場

 1月10日、東京の新宿歌舞伎町にてパチンコ関連のトークライブが開催されました。今回のトークライブは、パチンコライターの「栄華さん(@henaieika)」が昨年11月に発表した書籍『偏愛パチンコ紀行~3000軒で見つけた宇宙~』(釘曲げ出版)からの延長線的な企画。題して『偏愛パチンコナイト』です。

「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼の画像2
パチンコライターの栄華さん

 著者の栄華さんは、現在も「パチンコ必勝ガイド」(ガイドワークス)を中心にご活躍されている方で、全国約3千箇所のパチンコ店を探訪して写真撮影を行って記事を執筆するほか、偏愛パチンコバンド『テンゴ』の作詞とボーカルも担当されています。

 昨年11月発表の同書は、栄華さんが主に昭和から平成初期頃に開業したパチンコ店を中心に探訪して、経験したことや考えたこと、感じたことをまとめたものです。私自身は、同書で撮影されたパチンコ店の時代で打ち始めた世代ですので、とても懐かしく感じました。それと同時に、さまざまな店舗がずっと営業を継続されることを望むものの、中々そうはいかないみたいです。したがって同書みたいに記録に残すことで、触れたことのない今の世代にパチンコ愛を伝えてファン層を繋げることが可能だと感じました。

 私は、同書をすぐに購入して全ての項目に目を通しました。そこで気になったキーワードは、「パチンコ店はこちらです…」といったような矢印で案内された“ネオン看板”、店舗正面入り口から入って見上げると多くの電球が張り巡らされた“エントランス”、すでにパチンコ店は廃業したのに近辺にまだ残る“置き去り看板”などです。

「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼の画像3
千葉県野田市に現存する『置き去り看板』の一例

 これらキーワードから、皆さんはどんなモノなのかを想像できるでしょうか? 本来ならば同書から写真を引用したいところですが、さすがにそれはダメなので、一例として、直近で営業していた某パチンコ店の『置き去り看板』を載せておきます。

 写真は千葉県野田市の某交差点に残るモノです。とても見えにくいのですが、「オリエント」という屋号が書かれています。皆さんの周りでもこういったモノを探せば意外とまだ残っているはずだと思いますが、早く探さないと、このご時世、撤去される可能性もあるので、気になる方は早めに探した方がよいでしょう。

特に感銘を受けたのは「廃墟ホール」と「こまどうが」

 話を戻すと、今回のトークライブは、栄華さんの他、同じライターのフェアリンさんと中武一日二膳さんの3名で進行されていました。残念ながら内容などの記録は不可でしたので、同書のテーマに沿ったトークについて少しだけご紹介します。

 ざっくりですが、廃墟ホールを訪れたエピソード、某地方駅前周辺のパチンコ店、外観や内装に特徴のあったパチンコ店、景品交換所に向かうまでの「こまどうが」などのトピックだったと思います。どの話題も私の世代にはどストライクな内容であり、それを経験したことのない若い世代の人には新鮮な印象を受けたのではないでしょうか。

 特に感銘を受けたのは、「廃墟ホール」と「こまどうが」。今回扱っていたのは、廃墟ホールでも遊技機がまだ撤去されていない店舗で、懐かしい遊技機たちが映し出されていました。

「こまどうが」は、栄華さんが数ある景品交換所に特殊景品を持って行くまでのシーンを動画にまとめていました。「こまどうが」とは栄華さんが名付けた造語で、景品交換所にある「小窓」と「動画」からきています。紹介されたのが5ヶ所で、どれも味のあるシチュエーションでした。

 ちなみに、今回のイベントには80名以上の方が来場し、会場は大入りだった様子。その中には「ゲームセンタータンポポ」で顔なじみの皆さんもいらっしゃっていましたので、そういった意味でもマニアにはたまらないイベントだったといえるかもしれません。

 トークライブは、予定よりも多少オーバーしてあっという間に終了。パチンコ・パチスロ関連といえば実戦した話題が中心ですが、今回の視点はサブカルチャーかつマニアックっぽいものでしたので、とても楽しめました。栄華さんの独特な世界観が十二分に発揮されましたが、同書のサブタイトルにあるように、まさに紹介された全てが宇宙にいるかのようでしたね。

 ちなみ、この「偏愛パチンコナイト」は、2月9日・大阪梅田でも開催予定とのこと。今回参加できなかった、特に西日本方面の皆さんはぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼の画像4
2冊目も購入してしまいました!

※余談ですが、先日こちらでも紹介しました入替選手権「iスポーツ日本シリーズ2023」で、同書を優勝者の副賞として協賛させていただきました。

四本コーヒー店

四本コーヒー店

パチンコ好きが高じて異業種から転職し、長年パチンコ店の一般正社員としてホール現場を見てきた。単にパチンコを打つだけでなく、新規グランドオープンなどの市場調査やレトロ台探訪、のめり込み防止のための依存症考察など様々な遊技関連を日夜追っかけている変態パチンカー。そのため、大御所ライターや遊技機メーカーや周辺機器の幹部、他ホール法人の幹部などとの交流がある。ちなみに「四本」の読み仮名は(よんほん)ではなく(よつもと)である。

Twitter:@4444coffee

「偏愛パチンコライター」が古き良きパチンコ店の世界観を語る! マニア必見のトークライブに潜入してみた‼のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【甘デジ】STスルーから「直遊タイム発動」のゲロ甘要素も!ユーザーライクな大物シリーズが2つのゲーム性で登場!
  2. 【パチンコ】一撃で「25連・39,981発」の経験あり…甘デジ帯で「時速4万発」も実現した大物シリーズの動向に注目!!
  3. 【甘デジ新台】先代を上回る最高峰スペック… 人気タイトル最新作はRUSH「継続率約89%&10R比率約20%」!
  4. 【新台パチンコ】激アツ要素を搭載で「革新的で大胆なスペック」を実現…出玉感あるRUSHが大幅に進化!
  5. 【強甘デジ系パチンコ】最強クラスの性能「オール1000発×85%ループ」で“出玉のハーレム”を味わえる!!
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符
  8. 【SANKYO強甘デジ新台】「最高峰の出玉トリガー」搭載パチンコ始動…「10万発超え」記録の前作を超える稼働を目指す!
  9. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  10. 【パチンコ新台】高ループST駆け抜け後も「必ず時短発動」の極上仕様… 最も長く遊べる鉄板シリーズがスマパチで登場
  11. パチンコ「確変100%×RUSH90%」の超ゲキ甘スペック! 一撃「30連チャン」も経験!【超個人的「勝てる甘デジ」特集②】