GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?
NEW

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?

【この記事のキーワード】, ,

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?の画像1

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る

 パチンコ・パチスロは日本独自の文化である。しかし、海外では楽しめない娯楽というわけではない。

 実は海外でもプレイできる環境が合法として存在する。最近では実戦チャンネルのYouTuber達がベトナムのホールでプレイする様子が多くアップされているのだ。

 例えば有名パチスロライター・水瀬美香の個人チャンネル「みかちゃんねる-Minase’s Life Style-」では9月10日からベトナムでの4号機実戦が配信されている。

 大手では「ペカるTV Z」がベトナムでの実戦を投稿。9月18日にはパチンコ「牙狼シリーズ」を、9月26日にはパチスロ『アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUS Ver.-』をプレイする様子を動画に残している。

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?の画像2
【ベトナム】固定ハンドル・掛け持ち・飲酒なんでもありww』より

「掛け持ち」や「固定ハンドル」もOK?

 マシンこそ日本で親しみの深い「牙狼シリーズ」や「ゴッドシリーズ」、4号機では『パチスロ北斗の拳』や『吉宗』などが見受けられるがルールは別物のようだ。

 日本ではルール・マナー違反となる掛け持ちや固定ハンドルも咎められることはない模様。レートもホールによって違う様子で、場合によっては高レートの貸し玉も存在するとのことだ。

 本来こういったルールやマナーは状況によって制限されていくもの。海外に関してはパチンコ・パチスロ黎明期といった状況なのかもしれない。

 実はベトナム以外にもパチンコ・パチスロをプレイできる環境は存在する。最も有名なケースが「台湾」ではないだろうか。

 台湾も一時期は多くのYouTuberが足を運んでプレイしていた。最たる例は2018年12月に大手スロパチステーションが4号機『ミリオンゴッド』を実戦した動画である。

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?の画像3
【初代ミリオンゴッド】年末オールナイト実践!〜結〜』より

 台湾に関しても現役で4号機が稼働中とのことで大きな注目を集めていた。ベトナムと同様にルールも日本とは異なるようだ。

 アメリカにおいても少数ながらホールが確認されている。ノースカロライナ州のパチンコ店『Pachinko World』がそれだ。

 実戦ではないが、アメリカでもパチスロをプレイする様子が確認されSNSで話題になった例も存在。投稿者によればホームパーティーで4号機が並べられたとのこと。

 日本では打てないマシンが打てる海外の環境はパチンコ・パチスロファンにたまらないかもしれない。しかし、同記事は海外でのプレイを推奨するものではないと強調しておく。

大松

大松

4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

Twitter:@ohmatsuGJslot

「海外」パチンコ・パチスロ事情に迫る… 4号機もプレイ可能!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合