GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > “新要件”15回継続&電チュー搭載羽根モノ第1弾! 京都では特別バージョンも!? 【西陣、羽根モノの軌跡―その5】
NEW

“新要件”15回継続&電チュー搭載羽根モノ第1弾! 京都では特別バージョンも!? 【西陣、羽根モノの軌跡―その5】

【この記事のキーワード】, ,

新要件15回継続&電チュー搭載羽根モノ第1弾! 京都では特別バージョンも!? 【西陣、羽根モノの軌跡―その5】の画像1

【西陣、羽根モノの軌跡―その5】

 販売台数16万台を超える『レッドライオン』をはじめ、数々の羽根モノを創出した老舗パチンコメーカー西陣。1989年8月に発売した『魔界組』は、そのキャラクター役物の可愛さと継続率の高さで人気を集め、今なお名機と語るファンも多い。

 翌1990年には、ドル箱の玉をぶちまける禁断の快感を役物によって味わえる『パチンコ大賞13』や、サメに運ばれた玉が右側にある回転盤のVに入れば大当りへと結び付く『おジョーズランド』などをリリース。

 このほかにも、回転寿司をイメージした『すし五郎』、4人並ぶバニーがV入賞や継続のカギを握る『バニーギャルズ』、スケボー少年が80度、140度、240度、360度と自由自在に動き回る『スケボーキッズ13』、大当り中に貯留された玉が左右に飛び交う『ドッカン島13』、貯留された玉をレスラーが後ろに放り投げて足の間からVへと進む『Mr.フォール13』など、多くのマシンを製造した。

“新要件”15回継続&電チュー搭載羽根モノ第1弾

 そんな同年は国家公安委員会規制の改正、いわゆる“新要件”が施行させた年でもある。これによって、パチンコの賞球数はオール「15」が可能に。デジパチはアタッカー開放が「15回」まで認められ、羽根モノは継続が「8回」から実質「15回」まで引き上げられた。また、羽根モノにも電チュー(電動チューリップ)を搭載できるようになった。

 この新要件の電チューをいきなり搭載し、瞬く間にヒットした15回継続第1号羽根モノが、1991年1月に登場した『ニューモンロー』である。基本的なゲーム性としては、左肩入賞で電チューがオープン。ここに玉が入れば羽根が2回開放され、この時がV入賞へのチャンスタイミングとなる。

 大当り時は多くの玉を貯留し、貯留解除と共にキャラクターが妖艶すぎる姿に。この演出はあまりにもインパクトが強すぎ、これが原因で京都では検定が通らず、止むを得ずキャラクターにシールを貼った「京都バージョン」も存在した。

 多くの玉を貯留=継続率が非常に多いことから、ひとたび大当りを引ければ超高確率で15Rまで継続する。その出玉は約1,500個~約2,000個とデジパチ並みの大量出玉を得られる上に、演出も秀逸。本機は2023年3月に廃業を発表した同社の、大いなる遺産のひとつと言っても過言ではないだろう。 

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

“新要件”15回継続&電チュー搭載羽根モノ第1弾! 京都では特別バージョンも!? 【西陣、羽根モノの軌跡―その5】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合