GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 大手パチンコチェーン・ダイナムが店舗駐車場にエコボックスを設置
NEW

地域のリサイクル活動を推進、大手パチンコチェーン・ダイナムが店舗駐車場にエコボックスを設置

【この記事のキーワード】, ,

地域のリサイクル活動を推進、大手パチンコチェーン・ダイナムが店舗駐車場にエコボックスを設置の画像1

地球環境保護活動の一環としてエコボックスを設置

 全国46都道府県にパチンコホールを展開するダイナムが5月19日、公式HPのニュースリリース情報を更新。地球環境保護活動の一環として、ダイナムの店舗駐車場にエコボックスを設置し、地域のリサイクル活動を推進中であることを公表した。

 同社では古紙回収用コンテナを「エコボックス」とネーミングし、オリジナルデザインにて展開。家庭で不要となった段ボール、新聞やチラシ、雑誌などの古紙を無料で回収し、リサイクルすることで環境負荷を抑制する取り組みを行っている。コロナ禍でネット通販などの拡大によって、家庭で段ボールの廃棄量が増加している状況から、ダイナムの店舗駐車場への設置を決定したそうだ。

 設置は2022年3月より開始。現在は北海道1店舗、青森県5店舗、福島県14店舗、群馬県13店舗、埼玉県5店舗、栃木県8店舗、茨城県19店舗、千葉県10店舗、富山県11店舗、石川県8店舗、福井県7店舗、岐阜県9店舗、静岡県2店舗、愛知県1店舗、三重県10店舗、滋賀県5店舗、大阪府1店舗、和歌山県3店舗、奈良県1店舗、香川県8店舗、愛媛県5店舗、徳島県4店舗、高知県5店舗、福岡県13店舗、大分県2店舗、佐賀県5店舗、長崎県2店舗、熊本県5店舗の計182店舗への設置が完了しており、今後も設置が可能な店舗への拡大を目指すという。

 直近の設置店舗では、導入2日間で286名が利用。エコボックスへの関心と需要の高さがうかがえたそうだ。

 このエコボックスの設置について、同社の担当者であるダイナム物流部長・阿部英明氏は「物流・リサイクルの視点で地域貢献を考えた時に、今回のエコボックス導入という判断にいたりました」と説明。設置店舗では「好評の声をいただいているほか、店舗の来店客数にも好影響が出ております」とのことで、「今後も再生可能エネルギーの利用、廃棄物の適切な処理など様々な対策を講じ、企業として地域環境保護活動を推進してまいります」としている。

三陸・常磐産の食材を使用した「三陸・常磐ランチ」の提供も開始

 同社は、地域との共生、地域社会の発展に繋がる貢献活動の継続を目指している。ダイナム本部ビル社員食堂では4月17日より、東日本大震災の被災地の本格的な復興に向けて「三陸・常磐もの」の魅力発信及び消費拡大を図る官民連携のプロジェクト「魅力発見!三陸・常磐ものネットワーク」の趣旨に賛同したことから、三陸・常磐産の食材を使用した「三陸・常磐ランチ」の提供を開始。これまで同社は宮城県、岩手県、福島県の3県に累計8億9,562万円ほどの寄付活動を実施しており、今回の活動でも三陸・常磐産の美味しい食材を社員食堂で提供することで、「同地域の食材消費の拡大による復興支援と、さらには従業員の働く活力につなげていきたいと考えております」としている。

 また、同社は店舗周辺地域において子ども食堂などへ「三陸常磐ものネットワーク弁当」を届ける支援活動も検討中とのこと。引き続き、地域のために尽力していただきたいものである。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

地域のリサイクル活動を推進、大手パチンコチェーン・ダイナムが店舗駐車場にエコボックスを設置のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合