GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 【甘デジ新台】超高ループ×高速RUSHの名機が帰還!
NEW

【甘デジ新台】超高ループ×高速RUSHの名機が帰還! 爽快感抜群の連チャンモード、ひねりをきかせた「ユニークな時短」でパチンコ界を席巻!

【この記事のキーワード】, ,

【甘デジ新台】超高ループ×高速RUSHの名機が帰還! 爽快感抜群の連チャンモード、ひねりをきかせた「ユニークな時短」でパチンコ界を席巻!の画像1

 高い継続率とスピード感あふれる爽快RUSHで一大ブームを巻き起こした『ダンバイン』。そのシリーズ最新作となる甘デジ『デジハネP聖戦士ダンバイン2 ZEROSONIC』が先日導入された。

 ミドルタイプでは、3回リミットのセット型大当りによるループシステムを構築した特殊なRUSHモードを採用していたが、本機では原点回帰といもいうべきST方式に戻し、初代のゲーム性を色濃く反映した内容になっている。

 70回転の時短+保留4個で構成された「ダンバインRUSH」は、モード中の大当り確率が1/32.1で、それに伴うモード中の大当り割合が約90.4%という高いループ性を有している。

【甘デジ新台】超高ループ×高速RUSHの名機が帰還! 爽快感抜群の連チャンモード、ひねりをきかせた「ユニークな時短」でパチンコ界を席巻!の画像2

 また、RUSH中は即当りがメインの高速変動によりスピーディーに展開。右打ち中の大当りは3ラウンド・6ラウンド・9ラウンドの3つの振り分けで、それぞれの規定ラウンドにてギミックが発動すると昇格になる。

 メインは80%の割合を持つ3ラウンド約210発だが、赤図柄で大当りした場合は6ラウンド以上の期待度が跳ね上がるようになっている。ちなみに、本機最大出玉となる9ラウンドは約700発で、振り分けも5%と少ない。

 このようにRUSHはまさに初代だが、そこに至るまでのゲームフローに面白い仕掛けが存在する。それが「チャンスタイムHYPER」だ。これを説明する前に、まずヘソ大当り時の振り分けを確認しよう。

 RUSHに直行する大当りの割合は35.0%で、残りはチャンスタイムに移行する。チャンスタイムには2種類あり、メインのチャンスタイムは時短7回+保留4個だが、チャンスタイムHYPERなら600回の時短が付与されるのだ。

 本機はチャンスタイム中もRUSHと同じ1/32.1という高い大当り確率になっているので「ハイパー」なら次回大当り濃厚。しかし、本モードは特殊な状態になっており、大当りしても必ずRUSHに突入するわけではなく、50%の確率で突入か非突入かの振り分けが働くようになっている。

 ただ、非突入の場合でもまた時短が600回転付与される。つまり、再びチャンスが巡ってくるのだが、それも3回まで。このリミット間に50%のRUSHを奪取しなければならないのである。

 3回目の大当り(バトル演出)で、RUSH突入を逃した場合は通常モードに戻るが、このモードにおけるRUSH突入期待度は89%と激アツだ。一方のノーマルチャンスタイムも引き戻し率が29.4%と回転数の印象よりは高い数値で、トータルのRUSH突入率は約59%になる。

 この「チャンスタイムHYPER」は先に紹介したミドルタイプのゲーム性に似ているので、本機は初代と『2』のハイブリッドマシンと言えるのではないだろうか。

大森町男

大森町男

羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

Twitter:@machioooo777

【甘デジ新台】超高ループ×高速RUSHの名機が帰還! 爽快感抜群の連チャンモード、ひねりをきかせた「ユニークな時短」でパチンコ界を席巻!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合