GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > パチンコホールは「人間関係が大事」 ユニバーサル社員と語るホールだけの不思議なルール
NEW

パチンコホールは「人間関係が大事」 ユニバーサル社員と語るホールだけの不思議なルール

【この記事のキーワード】, ,

パチンコホールは「人間関係が大事」 ユニバーサル社員と語るホールだけの不思議なルールの画像1

 かつてはパチスロ攻略マガジンのライターとして活躍し、現在はユニバーサルエンターテインメントの社員に転身。YouTubeチャンネル「A PROJECTチャンネル」内の動画解説でもお馴染みの小野Pが、パチンコ・パチスロ系YouTubeチャンネル「ぱち馬鹿っ!!」内の人気動画「スロットBARすろ吉」に出演し、若かりし頃のホール事情を回想した。

常連客と仲良くなる努力をし、ホールでの人間関係を学んだ

 小野Pは、『フィーバーパワフルⅢ』(SANKYO)で7連チャンさせたことがきっかけでパチンコ・パチスロの沼に。予備校時代は、予備校裏のホールで初代『ニューパルサー』(山佐)の設定判別をしながら立ち回っていたそうだ。

 その際、スロマガ考案の設定判別法は「何枚手持ち、2枚手入れ、1BET…」などと目立つことから、「わざと両替をする」「負けてるフリをする」「目押しをしてあげる」といった行為で常連客と「仲良くなる」努力をし、ホールでの「人間関係を学んだ」という。

「ホールでの自分の居心地の良さを作る」「嫌われないように。それで目立たないように」「でも、負けないように」。この意見には、当動画の司会・すろ吉氏も「間違いないですね」と納得の様子で、「ジグマ系と言うか、地元のホールは人間関係づくりが何よりも大事」とコメント。

BOSS氏も「人間関係が大事」と強調

 元パチスロ攻略マガジンの軍団長で、現在はぱち馬鹿っ!!メンバーのBOSS氏も「前の日にハマった人がいた先頭にいたら、その人はその台に絶対行くから、絶対(自分は)打たない」などと語り、「こっちは知らなくても、やっぱり向こうが知ってるので、店の常連に声をかけられて、情報交換したり、教えてもらったり」していたことを明かした。

 当時のホールは、基本的に並び順だった。それ故、BOSS氏は「人間関係が大事」と強調。すろ吉氏も「(開店前に)自分が最初に来ても、昨日ハマってたおばあちゃんとかが2番目に来たら、『先に入っていいよ』って(譲っていた)」そうで、そういう日は「(お礼の)コーヒーが貯まっていった」と振り返り、「今でいう演者さんみたいな(状況)」と笑った。

 このほか、動画内では「寝袋で並んだ」「こたつで麻雀をしながら並んだ」「並びの際にブラウン管のテレビを持ってきた」など、4号機爆裂AT機時代の激しい並び合戦での思い出についても語り合っている。抽選がメインの現在では、考えられない話の数々。興味のある方は、是非ともチェックしていただきたい。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

パチンコホールは「人間関係が大事」 ユニバーサル社員と語るホールだけの不思議なルールのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合