GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 平和 羽根モノの軌跡―その7
NEW

パチンコ「新要件機」移行後も続々と羽根モノを輩出 1992年の個性派マシンたち【平和 羽根モノの軌跡―その7】

【この記事のキーワード】, ,
パチンコ遊技イメージ
パチンコ遊技イメージ

 これまでの最高継続回数「8回」から「15回」、最大賞球数「13個」から「15個」まで引き上げられたパチンコの「新要件機」。平和は1991年、新要件機の羽根モノ第1弾『カンガルーチャンピオン8』、『ザ・トキオ』の新要件版『ニュートキオ』などを製造した後、『ブンブン丸』をリリースした。

 この『ブンブン丸』は、賞球数を「10個」に抑えたことで遊びやすさを実現。最大3個未満の貯留時の不安定さ、各種小技などの打ち込み度も手伝って、異例のロングヒットを記録した。

『夢芝居』『南国のさかなやさん』などがデビュー

 同社は1992年にも積極的に羽根モノを製造しており、2月デビューの『夢芝居』は役物内1個貯留の仕様上、継続率は激高だった一方、9ラウンド~12ラウンド目は貯留されない点が難点。『南国のさかなやさん』はファンからのアイデアをもとにした異色のマシンだが、設置は少なかった。

 ペンギン親子の連携が印象的な『ファミリーペンギン』は大当り中、親ペンギンが下段まで送った玉を、中央の子ペンギンがジャンプしてV入賞をアシスト。『パラドックスⅡ』は役モノの下から上に玉が移動する珍しい仕様で、『プールドバー』は大当り中、最大9個の玉を貯留(プール)→10カウント目に全て解除される。

平和のマスコットキャラが主人公の『玉ちゃん倶楽部』も登場

 5月に登場した『お祭りごっこ』は、大当り時に役モノ内の女性が反転してサンバの衣装に変化。7月に導入された『寿限無』は落語家役モノの手前にある座布団が玉に動きに彩を添え、平和のマスコットキャラが主人公の『玉ちゃん倶楽部』は、羽根に拾われた玉が帽子の穴に入るとV入賞の大チャンスを迎える。

 9月デビューの『スーパーシェフEX』は、シェフ役モノの奥にある穴あき回転鍋がV入賞へのポイント。賞球数「オール10」の『花の係長』は下段に落ちた玉が係長のデスクに角度よくぶつかれば期待大で、デスクの上には最大3個の玉が貯留される。

 海賊をモチーフとした『キッドボックス』は、海賊役モノの顔が降りたタイミングがV入賞のチャンス。「~アルヨ」でお馴染み・ゼンジー北京によく似た「ガンジー北京」が3匹のヘビを操る『レッドスネークカモン1』は大当り中、最大3個の貯留玉がヘビに向かって放り込まれる。

 ちなみに、「レッドスネークカモン」と言いつつ3匹のヘビを登場させる芸で人気を博したのはショパン猪狩である。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

パチンコ「新要件機」移行後も続々と羽根モノを輩出 1992年の個性派マシンたち【平和 羽根モノの軌跡―その7】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合