GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 「裏モノやサクラ」を疑う…怖いパチンコ店の意図とは!?
NEW

「裏モノやサクラ」を疑う…怖いパチンコ店の意図とは!?

【この記事のキーワード】, ,

「裏モノやサクラ」を疑う…怖いパチンコ店の意図とは!?の画像1

ノーマルパチンコ機であり得ない「爆裂連チャン」? 

 こちらのサイトでも、パチンコ店であった実際の嘘のような本当の話を様々紹介しています。現在は皆無に等しいのですが、ひと昔前の平成の時代に入る前後にはパチンコ店で破天荒な出来事が色々ありました。実際に私も、その現場を体感しているのです。

 今回も、実際にあったパチンコ店の出来事を紹介いたします。テーマはパチンコの「裏モノ」に関する話題。裏モノとは通常の大当り基盤ではなく、不正に改造された基盤を使って大当りを容易に出すものです。

 平成に入って間もない時期、まだCR機がどこのパチンコ店でも1コースか2コースのみ設置していた頃です。他の現金機には、液晶デジパチがようやく導入されていました。でも、往年の連チャン機やそれ以前のデジパチも多少残っているパチンコ店も多く存在していたのです。 

 今回の舞台は、私の家から少し離れたパチンコ店(F店)。F店は、いかにもこの時代を象徴するパチンコ店です。CR機はまだ導入されておらず、連チャン機や一発機が人気のパチンコ店でした。煽りマイクは、ほぼ途切れないぐらいに流れていました。

 そこではパンチパーマ、ヒゲ、金髪、ウルフカット、金ネックレス、など外見も内面も威圧される店員さんが勢ぞろい。でも、接してみると意外と人が良さそうな印象でした。

 ただし、休憩があったのか無かったのかはわかりませんが、営業中にたばこや飲み物を飲みながら接客を…。まぁ当時の店員さんは、意外にもこれが当たり前だったという印象です。

「それってもしかしたら裏モノでは?」と…

 そんなF店に関し、いつの頃から「ノーマルパチンコ機でなぜか大連チャンする機種がある」という噂が流れ出しました。連チャンする時間帯は夜と決まっていて、どの台番が連チャンするのか分からないというのです。

 私はその真意を確かめるべく、夕方過ぎにF店に行きました。「それってもしかしたら裏モノでは?」と感じていました。

「裏モノやサクラ」を疑う…怖いパチンコ店の意図とは!?の画像2 対象だと思われるノーマル機は『フィーバールーセントDⅠ』(大同)、『弾丸物語SP』(平和)、『フルーツマシーン2A』(ニューギン)の3機種です。

 店内に入ってそのコースを見ると、すでに各々の数台ずつドル箱が5箱以上も積まれていました。しばらく様子を見ていましたが、1回大当りすると保留で数回は連チャンしているのです。

 私は対象だと思われる3機種を打っていましたが、中々大当りが来ません。気のせいなのか箱を積んでいる台以外は、ほぼ大当りがありません。しばらくすると、店員さんが大当りしている人に耳打ちをしていました。

 何だろうと気になりましたが、その日は資金が無くなりましたので諦めて実戦終了。もしかして、打っている人って「サクラ」ではないのかと思いましたが…。

 しばらくして、私は再びF店に確認をしに行きました。すると、3機種が異様に数台も箱を積んでいたのです。何かおかしいと思いながら打っていたのですが、私は“ある事”に気づきました。

 箱を積んでいた台を交換するところだったのですが、打っていた人は前回視察した時の人と同じだったのです。「これはサクラだろう」と確信しました。

 ならば私がその台に座って検証しようとしたところ、店員さんがすぐさま「停止台」の札を置いて稼働停止となってしまったのです。

「そう簡単に停止台になるわけがない」と思い、店員さんに聞いてみました。ところが、「おかしいから停止台にするんだよ!」と威圧的な回答をされてしまったのです。他の台で検証しようとしましたが、何だか怖いので諦めて退散したのでした。

 別の日に「今度こそは真相を探ろう」としたのですが、地域版の新聞に「F店が遊技台に裏モノを使用していた」と報じられ警察沙汰に。容疑者は芋づる式に捕まり、残念ながら閉店してしまいました。

 どおりで、ノーマルパチンコ機が建て続けて保留連チャンしていたわけです。そのノーマル機が連チャンするところを体験してみたいと切実に思いましたが…。それは、自分自身が危ない橋を渡っていることと同じです。この頃は今とは違って、何でもありだったのを痛感しました。

四本コーヒー店

四本コーヒー店

パチンコ好きが高じて異業種から転職し、長年パチンコ店の一般正社員としてホール現場を見てきた。単にパチンコを打つだけでなく、新規グランドオープンなどの市場調査やレトロ台探訪、のめり込み防止のための依存症考察など様々な遊技関連を日夜追っかけている変態パチンカー。そのため、大御所ライターや遊技機メーカーや周辺機器の幹部、他ホール法人の幹部などとの交流がある。ちなみに「四本」の読み仮名は(よんほん)ではなく(よつもと)である。

Twitter:@4444coffee

「裏モノやサクラ」を疑う…怖いパチンコ店の意図とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【新台パチンコ】期待出玉「衝撃の約16,074個」実現…「王道×革新」の融合!!
  2. 【新台】甘デジで出玉覚醒! 軽さバツグンでRUSH「77%継続×2000発」人気パチンコシリーズ最新作が登場!
  3. 【パチンコ業界】今、“何が”起っているのか…メーカー・販社の「要職クラス」が相次いで退職!?
  4. 【3月4日新台導入】4号機名機シリーズがスマスロで大復活、甘デジ帯で期待出玉「軽く万発」の出玉トリガー搭載機など話題作揃い!【パチンコ・スロット意識調査】
  5. 「10万円ないと不安」「1000ハマりを想定」…パチンコの軍資金について調査
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【新台】前作を凌駕する「甘デジ最高峰スぺック」搭載機、約82%継続×約2,000個の猛爆マシンなどが導入開始【3月4日パチンコ導入リスト①】
  8. 【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!
  9. 【パチンコ店】新紙幣前にも「閉店ラッシュ」到来か… その意外な理由を現役店長が解説
  10. 【サミー新台・北斗の拳】甘デジ仕様で「継続率約95%」&期待出玉「約10,300個」搭載の激熱パチンコ降臨!!
  11. パチンコ革命「時速約600回転」の衝撃!『牙狼』最新作ついに降臨!!【新台分析―パチンコ編ー】