GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】
NEW

パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】

【この記事のキーワード】, , ,

パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】の画像1

アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020

 前話の最後の方で触れたとおり、平成2年の夏頃から大阪を離れ東京へ拠点を移す平成3年初頭にかけての数ヶ月間、キタのお初天神通り商店街にあったG店や向かいのS店、そのほか界隈のホール数軒に足繁く通った。

 ミナミではなくキタに落ち着いた理由は、きわめて単純。街に漂う空気感、とでも言おうか。生まれ育った尼崎からも近く、十代の頃から遊びに行ったりして慣れ親しんでいたキタの方が、ミナミよりも断然、肌に合っていたからだ。

 余談はさておき、彼の地のホールでの立ち回りだが、例の『フィーバーレクサスⅥD』の状況が芳しくなくなったあとも、朝イチを狙うことが鉄則であった。ただし、パチスロのモーニングサービスが目当てだったわけではない。

 前にも書いたと思うが、当時のデジパチは特定の数字あるいは図柄で揃ったら持ち玉遊技できるラッキーナンバー制が基本で、関西の場合は「333・777から次の333・777までノーパンク」、東京など首都圏では「奇数で当たれば次に偶数で当るまで」というルールが主流だった。

 つまり関西方式は、偶数で当り続けるなどすればワンチャンスで大量のドル箱を積み上げることが可能だったわけだが、ラッキーナンバー比率が(機種にもよるが)関東方式のおおむね2分の1に対し5分の1程度と低く、ハードルはかなり高かった。

 ところが、朝イチとなれば話が変わってくる。繁華街の多くの店では、「開店から○時までノーパンク持ち玉遊技OK!!」というサービスを実施していたからである。

 サービスの具体的な内容・条件は店ごとに異なっていて、「終了時刻を迎えた時点で持ち玉すべて交換」だったり、「終了時間後はラッキーナンバー以外は持ち玉すべて交換」だったりと様々だった。有利なのは、言うまでもなく後者。G店やS店がこのルールを採用していて、「正午までの2時間はノーパンク、以降はアンラッキーで当るまで持ち玉遊技可能」となっていた。

 午前中の早い時間に大当りを重ねてある程度の持ち玉を確保できさえすれば、とりあえずは安泰。最終的な出玉は、先述のとおり午後になって最初にどの数字や図柄で当るか次第だったが、とにかくこのサービスタイムの恩恵はデカかった。

 なんせ、日中は1回交換が基本なので、総じて回りは上々。保留玉連チャンのないノーマルデジパチなら、だいたい千円平均で25回、時には30回近く回るお宝台に巡り会うことも珍しくはなかった。それを、午前中プラスアルファの短時間とはいえ持ち玉で打つことができるわけだから、狙わない理由はないだろう。

 そんなわけで、G店やS店の朝のサービスタイムでよく打ったデジパチを2作、紹介させていただく。

■マジック7D

パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】の画像2 図柄表示に「デジスロ」と称するドットマトリクスを初めて採用し大ヒットした『ニュービッグセブンパート4』の後継となる大一のデジパチ。

 斬新な円盤状のデジタル表示部が大きな特徴で、大当り時には図柄が赤いY字型に揃うところがユニークだった。

 システムとしての連チャン性は組み込まれていないノーマルデジパチだったが、それゆえに大当り確率は211分の1と非常に高かった。その分、賞球は6&12と当時の一般的なデジパチと比べるとそれぞれ1個ずつ少なかったが、それでもS店では2500発程度の出玉があった。

 先述のとおり、朝のサービスタイムでは、とにかく早く当てて持ち玉を確保することが先決だったため、通い始めた当初は大当り確率が抜きん出て高かった本作ばかりを好んで打っていた。

■マーブルX

パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】の画像3

 先の『ニュービッグセブンパート4』と同時期にリリースされ、同様に大ヒットした『ドリームX』ならびに『~W』の後継となる、モナコ(奥村遊機)のドット式デジパチ。

 大当り終了後の保留玉消化時をのぞき、「『0』でリーチがかかったら大当りがほぼ確定する」という珍しい特徴があり、大いに話題となった。

 大当り確率は225分の1と標準的な値。こちらも『マジック7D』と同じく賞球は6&12と少なめだったが、15%程度の保留玉連チャンが仕込まれていて、『フィーバーレクサス』シリーズなどと同様に朝イチ単発回しで誘発させることも可能だった。

 ただし、空いているメモリを点灯させるタイミングがシビアだったのと、件のサービスタイムにおいては「とにかくブン回して少しでも早く当てる」ことが何より先決だったので、持ち玉と時間と気持ちに余裕がある日中にちょいと試してみる程度だった。

〇〇〇

 以上の2作のほかにも、図柄表示にカラフルな蛍光板を用いたニューギンの『エキサイトワープ』や、『レクサス』シリーズの後継としてリリースされた三共の連チャン機『フィーバースピリッツⅠ』、そしてサービスタイム終了後に打ったハネモノや一発台など、在阪時代末期の思い出が詰まった名機は枚挙に暇がない。また機会があれば、ゆっくり振り返ってみたいと思う。

アニマルかつみ

アニマルかつみ

兵庫県尼崎市出身。1992年春にパチスロ必勝ガイドのライターとなり、以来30年にわたってメディア人の立場から業界の変遷を見つめてきた大ベテラン。ぱちんこ・パチスロの歴史に関しては誰にも負けない博識を持つ。最近ではYouTube動画チャンネル「ぱち馬鹿」のメンバーとして、各種企画の制作や出演、生配信などにも精を出している。ライター稼業のかたわら、ロックバンドのベースプレイヤーとしても活動中。愛猫家。昭和レトロ好き。

Twitter:@anikatsu213

パチンコ「パチスロのモーニングだけではなかったパチ屋の朝のサービス」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.020】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 1月にパチンコホールが大量閉店…夏の〇〇でさらなる悲劇も? 大御所ライターが業界の未来を予想
  2. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  3. 【パチンコ新台】高ループST駆け抜け後も「必ず時短発動」の極上仕様… 最も長く遊べる鉄板シリーズがスマパチで登場
  4. 【パチンコ新台】超ド級甘デジが爆誕… トータル継続率は「驚愕の約96%」唯一無二の終わらない感を実現!
  5. 「オワコン感が漂ってくる」〇〇ばかりのパチンコ業界に大御所ライターが復活方法を提案
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【SANKYO新台】往年の名作パチンコ最新作は「シリーズ最高峰の甘デジ」19インチ液晶でカスタム機能も搭載!
  8. 【パチンコ新台】159の軽さで「2000発当りが半分以上」! 暴力的出玉性能でホールをノックアウトする漢気マシン!
  9. 【甘デジ新台】ハマるほど激アツ!通常時100回転消化で「遊タイム+RUSH突入」の新感覚パチンコがデビュー!
  10. パチンコ革命「時速約600回転」の衝撃!『牙狼』最新作ついに降臨!!【新台分析―パチンコ編ー】
  11. 【強アマ新台】覇権マシン最新作は「ツイン突破型システム」を装備!「81%ループ×10R比率60%」甘ライトのトップを目指す