GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?
NEW

【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?

【この記事のキーワード】, ,

【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?の画像1

パチンコ店時代の羽根モノに関する「苦い記憶」

Pポチっと一発!おだてブタ2』や『ニュートキオGREENV1』など羽根モノのリリースが続くが、私がホール業務に従事していたころの羽根モノの記憶といえば苦い思い出しかない。

 それは京楽が絶頂期だった2008年の出来事。2006年は『CR冬のソナタ』が大ヒットし、日本における最初の『韓流ブーム』を築いた大ヒットドラマがパチンコ化されたのは驚きだったが、ちょっとした社会現象にもなったのを覚えている。

 翌年には『CR必殺仕事人Ⅲ』が大ヒット。冬ソナしかり仕事人しかり、10万台だか20万台だか今では考えられないような販売台数だったと記憶しているが、この頃の京楽は正に頂点を極めたといっても過言ではないだろう。

 それ以降も『お付き合い』的な機種こそ存在したが、『CR冬のソナタ2』、『CR必殺仕事人Ⅲ桜バージョン』、『CRアバンギャルド』、『CRキン肉マン』などなど、メイン機クラスは出せばヒットという無双状態。

 そんな中、お付き合いで買った台こそが2008年の『CRA羽根ぱちんこ水戸黄門』だ。昨年11月には『P水戸黄門超極上』もリリースされているが、ご存知の通り京楽の人気シリーズであり、その羽根モノ版である。

【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?の画像2 ラウンドは3、6、9、16Rが各25%の均等振り分けで出玉は約100個~約810個。突入率は高くないが、羽根開放100回の時短で出玉を減らすことなく大当りの連チャンに期待できる『水戸ラッシュ』なる機能もついており約84%で継続する。

店長の酷い調整のせいで「終日出っ放し」…

 そしてここからが本題だ。

 この台は冬ソナ2か仕事人Ⅲ桜のお付き合いで2台導入したと記憶しているが、当時の店長の酷い調整のせいで終日出っ放し。確か33個交換だったと思うが、その内の1台が「4万発以上」の出玉を叩き出したのだ。

 私も調整は上手ではなかったが、店長の調整はいい加減で感覚頼み。ただでさえデジパチよりも手間もかかり難しいアナログ機だというのに、試し打ちもほとんどしなかったらしい…。

 しかも、よりによって遊技したのは常連でもない一見客。良い宣伝になる?…いいえなりません。うちのような小型店は、見かけない人が出すと不機嫌になるような方ばかりだった。

 店長に電話で稼働状況や水戸黄門について伝えると『ゴトじゃないのか?』などとまくしたてるが、『あんたの調整が下手くそすぎるんじゃい!』と反論したいのをグッと堪えたのを覚えている。

 ちなみにもう1台は私が調整したのだが終日稼働して数千円のマイナス。我ながら「上手に遊んでもらったな」という結果だったが、下手なりに時間をかけて調整した甲斐があったというものだ。

マシン自体には何の罪もないのだが…

【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?の画像3

 結局のところ遊技機自体には何の罪もないのだが、高稼働店でもない自店で1台が10万円以上のマイナスを喰らったのは痛かったし、周りのお客さんの印象も良くなかった。

 ましてやまだお付き合いをするような余力もあった時代とはいえ、本来は導入予定でない台で赤字を叩き出したのだから印象は最悪。そうした負のイメージが刷り込まれてしまったのだ。

 しかし、話はこれで終わらない。

 奇しくもその数ヶ月後にリリースされた初代『CRAポチっと一発!おだてブタ』は店長判断で導入を華麗にスルー。だが羽根モノでは異例のヒットとなり中古導入を検討するも時すでに遅し。

 中古導入するには、少しばかり高い価格にまで高騰してしまい手が出せず。再販分も回ってこず、結局導入することはなかったのだ。

 黄門は大して稼働しないし、買えなかった台は競合店でも絶好調。そういう訳で、ホール時代の私にとっての羽根モノに対する思い出は苦い印象が強いのだ。

 その忌わしい記憶を払拭するべく、おだてブタ2でも打ってみようかと悩む今日このごろである。

オーハナB

元ホール店員、店長経験者。パチンコ店の裏側で起きた出来事や、人間関係を題材にしたコラムを担当している。過去に話題になった業界ネタなど、時代背景を感じる記事も作成中。自身の思い入れのあるシリーズの動向にも熱い視線を注ぐ。

【パチンコ店】調整ミスで「羽根モノが4万発OVER」の猛爆発! お祭り状態の「激甘台」が誕生!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【甘デジ】STスルーから「直遊タイム発動」のゲロ甘要素も!ユーザーライクな大物シリーズが2つのゲーム性で登場!
  2. 【強甘デジ系パチンコ】最強クラスの性能「オール1000発×85%ループ」で“出玉のハーレム”を味わえる!!
  3. 【パチンコ】一撃で「25連・39,981発」の経験あり…甘デジ帯で「時速4万発」も実現した大物シリーズの動向に注目!!
  4. 【パチンコ店】新紙幣前にも「閉店ラッシュ」到来か… その意外な理由を現役店長が解説
  5. 【甘デジ新台】先代を上回る最高峰スペック… 人気タイトル最新作はRUSH「継続率約89%&10R比率約20%」!
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符
  8. 【SANKYO強甘デジ新台】「最高峰の出玉トリガー」搭載パチンコ始動…「10万発超え」記録の前作を超える稼働を目指す!
  9. 【強甘デジ系パチンコ】2連チャンで「必ず上位RUSH」突入!? 圧倒的な出玉性能…その「仕組み」を探る
  10. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  11. 【新台パチンコ】激アツ要素を搭載で「革新的で大胆なスペック」を実現…出玉感あるRUSHが大幅に進化!