GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン
NEW

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】の画像1

第67話 CRぱちんこウルトラセブン

 読者さんの中にはご存知の方もおられるかと思いますが、私は子供の頃からキャンディーズの大ファンです。キャンディーズが水道橋の後楽園球場でファイナルカーニバル(解散コンサート)を行った昭和53年の4月4日、私はまだ15歳の中坊でしてね。ああ、東京では今、ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃんの3人が最後のステージに立っているんだなぁ…と万感の思いを巡らせながら、遠く離れた大分県の実家で星空を見上げていました。

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】の画像2
解散コンサートの概要を報じた新聞のキリヌキ(大分合同新聞1978年4月5日版)。会場の警備と整理にあたった中年のガードマン氏が、「男の子があんな発育不全の大人か子供かわからない女の子たちにキャーキャーいうなんて、どうなっているんだろう」とコメントしたと紹介されてますが、差別表現や侮辱的な文言に厳しい現在であれば絶対にこんな記事にはなっていないと思う。当時は校閲部のチェックも緩かったのだろう。
パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】の画像3
お小遣いを貯めて買ったレコード「キャンディーズ FINAL CARNIBAL Plus One」。3枚組のアルバムで、ライブ盤が2枚、スタジオ録音盤1枚で構成されている。

 そんな思い入れがあるから、去年の大晦日に放送された「第74回NHK紅白歌合戦」は、テレビの前に正座して鑑賞しましたわよ。なぜって、キャンディーズの多くの楽曲でセンターを務めたランちゃん(伊藤蘭さん)が、46年ぶりに紅白のステージに立ったんですから。

 もちろん、当時とは違ってソロとしての出場だけど(伊藤蘭さんは2019年からソロシンガーとして活動されています)、紅白SPメドレーとして「年下の男の子」~「ハートのエースが出てこない」~「春一番」の3曲を披露する豪華さで、私はこのステージを観ただけで、普段は全く見ないNHKの受信料のモトを取ったような気になりました。いやはや、蘭さんはお年を召されても昔と変わらず綺麗な女性だなぁ…。まぁ、個人的な推しはミキちゃんこと藤村美樹さんなんですけどね。

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】の画像4
これは自宅のテレビ画面をスマホで撮影した写真。

 さて、テロップが出ている「ハートのエースが出てこない」の当該部分ですが、元の歌詞は一般に知られている「デートのチャンスはおあずけなのよ」ではなく、「デートもキッスもおあずけなのよ」でした。両者のニュアンスには微妙に違いがあり、後者の方がより親密な間柄を思わせます。それをあまり良くないとディレクターが判断したのか、一旦は後者の歌詞で録音されましたが、リリースの直前になって前者のバージョンに差し替えられてレコードプレスされたそうです。

 ただね、フルで録り直す時間がなかったのでしょうか、「~のチャンスは~」の部分だけが新録されました。今ならデジタル処理でバサッと切って、代替音源を上手いこと挿入して違和感なく完成させられるんでしょうけど、当時はかなり苦労したらしく、レコードを聞けば差し替えられた部分の前後に妙な「音の籠り」を確認できます。現在のCDに収録されてる音源も同様ですので、気になる方は是非ともチェックしてみてください。

 ところで、全く話は変わりますが、パチンコやパチスロの液晶演出で、映像の完成後に版権元からリテイクの指示が出て、差し替えが必要になった場合はどうすると思いますか? アニメーションの場合は新たな修正カットを作成して、当該部分と差し替えればいいだけの話なんですけど、元の映像が実写、しかも特撮だった場合はそう簡単にはいきません。なぜなら、特撮の撮影にはスタジオでセットを組み直し、スーツアクターやカメラマン等を再招集する必要がありますから。要はすげぇお金がかかるんですよ。

 しかしながら、版権元からダメ出しされた部分を修正しないわけにはいきません。さぁ、どうする?

 以下は私が「とある業界人」に聞いた話なんですけどね。実はパチンコメーカーの京楽さんが平成17年(2005年)にリリースした『CRぱちんこウルトラセブン』の液晶演出を完成させて、版権元の円谷プロダクションに映像の監修をお願いしたところ、1カ所だけ演出の修正指示を受けたらしいんですよ。その部分とは、通常時に発生する「VS怪獣系リーチ」の1場面。具体的には怪獣とウルトラセブンの対峙シーンなのですが、セブンのファイティングポーズが「本来のポーズと違う」と指摘されたそうです。

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】の画像5
京楽のデジパチ『CRぱちんこウルトラセブン』。いわゆる「バトルタイプ」と呼ばれる確変継続システムを採用しており、大当り確率は非常に低いが(479分の1)、出玉あり大当りを引いて以降は80%の確率で確変が継続する。確変中はセブンと怪獣のバトルが発生し、セブンが勝利すれば大当り(15Ror7R)、攻撃を受けたセブンが立ち上がれば引き分けとなって確変が継続し、敗北した場合には出玉なし当り(2R)となって、77回転の時短に突入する(潜伏確変の場合もあり)。非常に波の荒い仕様であり、一撃で大量出玉を獲得できる可能性がある反面、大当りなしで延々とハマることも多々あった。(写真は「パチンコ歴史事典/ガイドワークス刊」より)

 全てのウルトラ戦士は、怪獣と対峙する際に両腕を前に構えます。セブンの場合はボクシングのように拳を握って怪獣と向き合うスタイルなのですが、本機の液晶演出に登場するセブンは両手を開いて構えていたんだそうな。

「これじゃあセブンじゃなくてウルトラマンだよ!」

 そう指摘された京楽の担当者は、思わず頭を抱えました。

 そんなんどっちでもいいじゃん! ウルトラシリーズに興味のない人なら間違いなくそう言うでしょうが、版権を管理する円谷プロとしてはそうはいきません。オリジナルの版権が間違った使われ方をしないようにチェックを行い、もしも原作と食い違っていたなら修正の指示を出すのが「監修」の仕事ですからね。また、ウルトラセブンが大好きなパチンカーがこの機種を打ったら、原作との違いに失望するかも知れません。マニアの目は一般人が考える以上にシビアなのです。

 結局、この指摘を受けた京楽さんは、当該箇所に該当する部分のみを撮り直したのか、はたまたCGで修正したのか…完成品として登場するまでの過程は聞きそびれましたが、実際にデビューした「CRぱちんこウルトラセブン」のリーチ演出に登場するセブンは、オリジナルのウルトラセブンと同様にしっかりとグーを握ったファイティングポーズを取っておりました。

 修正は無いに越したことはないけれど、もしも修正案件が発生したら、速やかに的確な対応を行うのがプロなのです。

ドラゴン広石

ドラゴン広石

ドラゴン広石(昭和38年12月生まれ)
平成7年に白夜書房「パチンコ必勝ガイド」編集部の門を叩き、パチスロの知識と経験、目押し力を買われて「パチスロ必勝ガイド」のライターに採用された。リアルタイムで「パチスロ0号機」を遊技した経験を持つ、唯一のパチスロライターである。令和4年現在でライター歴は27年。代表作に「枠上人生」、「浮草家計簿」(連載中)、「回胴絶景」(連載中)など。1日の最大勝ち額~プラス41万3千円(クラブロデオT)、1日の最大負け額~マイナス12万9千円(初代・北斗の拳)。

Twitter:@dragon_hiroishi

パチンコ開発における裏話…「実写・特撮演出」で起きたトラブルとは?【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第67話:CRぱちんこウルトラセブン】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【甘デジ】STスルーから「直遊タイム発動」のゲロ甘要素も!ユーザーライクな大物シリーズが2つのゲーム性で登場!
  2. 【パチンコ】一撃で「25連・39,981発」の経験あり…甘デジ帯で「時速4万発」も実現した大物シリーズの動向に注目!!
  3. 【甘デジ新台】先代を上回る最高峰スペック… 人気タイトル最新作はRUSH「継続率約89%&10R比率約20%」!
  4. 【新台パチンコ】激アツ要素を搭載で「革新的で大胆なスペック」を実現…出玉感あるRUSHが大幅に進化!
  5. 【強甘デジ系パチンコ】最強クラスの性能「オール1000発×85%ループ」で“出玉のハーレム”を味わえる!!
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符
  8. 【SANKYO強甘デジ新台】「最高峰の出玉トリガー」搭載パチンコ始動…「10万発超え」記録の前作を超える稼働を目指す!
  9. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  10. 【パチンコ新台】高ループST駆け抜け後も「必ず時短発動」の極上仕様… 最も長く遊べる鉄板シリーズがスマパチで登場
  11. パチンコ「確変100%×RUSH90%」の超ゲキ甘スペック! 一撃「30連チャン」も経験!【超個人的「勝てる甘デジ」特集②】