GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツなどがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】
NEW

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】

【この記事のキーワード】, ,

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像1

 ゴールデンウィーク明けの5月8日、パチンコは全9機種が導入を開始する。当記事では、サミーの『P北斗の拳 最凶星』、藤商事の『Pゴブリンスレイヤー』(製造:JFJ)、ビスティの『Pコードギアス 反逆のルルーシュ Rebellion to Re;surrection』、大一商会の『P哲也』(製造:ディ・ライト)、ニューギンの『PA真・怪獣王ゴジラ2』の5機種を紹介する。

『P北斗の拳 最凶星』

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像2
公式HPより

 まず、定番シリーズ最新作の『P北斗の拳 最凶星』は大当り確率約319.7分の1の1種2種混合タイプで、初当り出玉はALL10R約1,500個以上。RUSH突入率は60%で、「究極W HYPER BONUS」は約3,000個(約1,500個×2)の出玉を持った状態でRUSHに挑める。

「拳王RUSH」と銘打たれたRUSHはST10回+残保留4個で構成され、継続率は約75%。この間の大当りは50.1%で約3,000個以上に振り分けられ、特闘「SPECIALBATTLE BONUS」の発動は平均して約4,500個、最大9,000個の出玉が見込める。

『Pゴブリンスレイヤー』

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像3
公式HPより

 ひと足先にスマスロとしてデビューしたビッグコンテンツ、そのパチンコバージョンである『Pゴブリンスレイヤー』は、大当り確率319分の1の1種2種混合タイプ。初当り時は例外なく約1,500個の出玉を得られ、7図柄揃いの「GOBLIN SLAYER BONUS 1500」は「GOBLIN SLAY RUSH」直行、7図柄以外の「BATTLE BONUS」は演出成功でRUSHへと繋がる。トータルRUSH突入率は60%となる。

 RUSHは1分の1の即当りタイプで、ここでの大当り振り分け割合は約1,500個→30%、約600個→20%、約300個→50%。RUSH中の演出失敗時は電サポ70回転の「GOBLIN SLAY CHANCE」へ移行し、ここでの引き戻しを含めたトータルRUSH継続率は約90%を誇る。
 

『Pコードギアス 反逆のルルーシュ Rebellion to Re;surrection』

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像4
公式HPより

 劇場版の映像をパチンコで初搭載した『Pコードギアス 反逆のルルーシュ Rebellion to Re;surrection』は、確率約319.7分の1の初当り後に必ず時短が付与される仕様で、初当り時の約81.5%は時短1回転+残保留4個の「リベリオンチャンス」へ突入。ここで約7.5分の1を引き当てられればRUSH「コードギアスチャンス」が発動し、時短10,000回の直行大当りを含めたトータル突入率は約60.1%となる。

 RUSHは時短11回+残保留4個or時短10,000回+残保留4個の2パターンで、トータル継続率は約90%。大当り時は約50%で約1,500個に振り分けられることから、その破壊力の高さは前作以上と評判だ。

『P哲也』

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像5
「だいいち!」より

 デジタルと役物の抽選を融合させた大一商会の『P哲也』は大当り確率約197.9分の1の1種2種混合タイプで、RUSH「頂上決戦」へは主に初当り時の図柄揃いor役物抽選「銀玉決戦」クリアで突入。その際は約3,000個(約1,500個×2)の獲得も濃厚で、継続率約62%のRUSH中も大当りは全て約3,000個の出玉を得られる。

『P真・怪獣王ゴジラ2』

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】の画像6
公式HPより

 その名の通り、2022年8月に登場した『P真・怪獣王ゴジラ2』のライトバージョンである『PA真・怪獣王ゴジラ2』は、確率78.68分の1の初当り後に100%ST「G-RUSH」へ突入。STは64回、そのうち電サポは60回で、継続率は55.9%、G図柄揃いやST終了後の一部で突入する電サポ10,000回を考慮したトータル継続率は約60.3%と控えめだが、右打ち中の大当りは50%で10R約1,000個に振り分けられる点が最大の特徴だ。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

最終形態「即撃+System」搭載のビッグコンテンツ、右打ち「50%で3000発超」の『北斗』シリーズ最新作などがデビュー!【5月8日パチンコ導入リストその1】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合