GJ > 競馬ニュース > 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介騎手が突然のクビ宣告!?
NEW

「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?

【この記事のキーワード】, ,
原優介騎手
原優介騎手

 イクイノックスを抜いて日本馬の歴代獲得賞金ランキングで歴代トップに立ったウシュバテソーロを筆頭に「テソーロ軍団」で有名な了徳寺健二オーナー(馬主名義は了徳寺健二ホールディングス)が、ちょっとした騒動を巻き起こしたようだ。

 了徳寺オーナーはドバイワールドC(G1)で2年連続連対の快挙を達成したウシュバテソーロ以外にも、昨年のチャンピオンズC(G1)と東京大賞典(G1)で2着に入ったウィルソンテソーロも所有しており、こちらは原優介騎手とのコンビで活躍中である。

 フェブラリーS(G1)こそ落馬した関係で騎乗が叶わなかったものの、コンビが復活した前走のドバイワールドCでは4着に好走。世界最高峰の舞台で騎乗した経験は、原騎手にとってもかけがえのない財産となっただろう。原騎手の手腕を買っている了徳寺オーナーも「テソーロ軍団」の主戦騎手として目を掛けていたはずだった。

主戦騎手を任されるほどお気に入りだった原騎手だったが……

 しかし、先週の開催で6頭の出走がありながら原騎手の騎乗機会は一度もなし。土日で5頭が東京のレースだったものの、原騎手ではなく別の騎手が手綱を取っていた。

「詳しい人なら先週の競馬を見ていて気づいたと思いますが、原騎手が突然乗らなくなったのは、了徳寺オーナーの逆鱗に触れて降板したことが理由みたい。というのも発端はニュージーランドT(G2)でデビッドテソーロの騎乗が気に入らなかったようです。

前走で逃げ切り勝ちしていた馬ですが、ゲート内で落ち着きがなく出遅れた結果、そのまま後方で大敗したことに立腹。翌日の未勝利戦のサッチャーテソーロも先行勢が残ったレースを後ろからの競馬で8着に敗れ、3番人気の支持を裏切ることになりました。

消極的に映った騎乗がオーナーの逆鱗に触れ、所有馬を預けている調教師たちに『原で予定している馬は全てジョッキーを替えて下さい』という通達があったそうです」(競馬記者)

 あまりにも突然だった「鶴の一声」に戸惑いを隠せなかった調教師もいたはずだが、関係者の話によると、実はこうなる前から布石があったらしい。

 それがドバイワールドCのウィルソンテソーロだという。当時、戦前のインタビューで「未来の競馬界の為にも若手の騎手を大事にしたい。ウシュバよりウィルソンが勝つかもしれませんよ」と原騎手に対する期待の大きさが感じられるコメントを出していた了徳寺オーナーだが、レース内容には不満があった様子。側から見れば4着なら大健闘のように思えたが、勝ち馬が楽に逃げ切り、大本命のウシュバテソーロも負けてしまっただけにストレスが溜まったのかもしれない。

帝王賞でウィルソンテソーロとのコンビ解消は決定済み

 いずれにしても原騎手からすれば、「寝耳に水」のような降板劇といえよう。

 その一方で、お気に入りだった原騎手が「NGリスト入り」したからには、替わりの騎手を探す必要も出てくる。先週の開催では木幡巧也騎手や永野猛蔵騎手らが騎乗したが、このまま主戦扱いとなるかどうかはまだ分からない。木幡巧騎手にしても、かつて主戦を任されてクビにされた過去もあるため、長続きするかどうかは微妙か。ただグロバーテソーロで勝利を挙げた点は評価されるだろう。

 原騎手にとって幸いだったことは、昨年あたりから乗れる若手騎手ということで、了徳寺オーナーにそこまで依存していなかった点だ。蜜月関係にあったオーナーとの決別は残念だが、名前の売れた現在なら深刻な騎乗馬不足に陥ることはなさそう。

 記者の話によると、帝王賞(G1)のウィルソンテソーロは、すでに川田将雅騎手で内定しているとのこと。本馬は元々川田騎手とのコンビで重賞を3連勝した馬のため、遅かれ早かれ乗り替わる可能性はあったらしい。

 とはいえ、了徳寺オーナーは武豊騎手やC.ルメール騎手ですら「NGリスト」に入れているくらいなので、今回の原騎手の降板についても関係者からすれば、そこまで驚くことではなかったのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは