GJ > 競馬ニュース > アドマイヤ「G1・45連敗」
NEW

アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?

【この記事のキーワード】, ,
アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの逆鱗に触れた凋落の真相?の画像1

 またしても「ダメ」だった。

 9日の桜花賞(G1)に出走したアドマイヤミヤビは、2番人気に支持されたものの本来の走りがまったくできず12着に大敗した。

 1990年代後半から2000年代前半にかけて栄華を誇った「アドマイヤ軍団」の馬が久々にG1で人気になったので期待していたのだが、未だ長い”トンネル”から抜け出せずにいる。

 優勝馬アドマイヤジュピタを含めた「同一馬主4頭出し」という近藤利一オーナーらしい”剛腕”で掴み取った2008年5月の天皇賞・春(G1)から、早くも9年が経とうとしている。

 実は、その勝利を最後にアドマイヤ軍団はJRA・G1で45連敗(平地のみ)を喫しているのだ。

 現在もアドマイヤミヤビやアドマイヤデウスなどがトップ戦線で気を吐いてはいるものの、今となっては毎年のようにG1を勝っていた、かつての勢いがすっかりなくなってしまった感のあるアドマイヤ軍団。

 最近、口取り式で近藤氏を見かけるのは、馬主として師弟の間柄にあるといわれる佐々木主浩オーナーの所有馬が大レースを勝った際に”付き添い”として見かけるばかり。今やその勢いは完全に逆転してしまっている。

 近藤氏が、そしてアドマイヤ軍団がこうも”凋落”した理由は競馬サークル内外でも様々な理由が語られているが、最も聞かれるのが競馬界の顔役・武豊騎手との間に起きた「確執」だ。

アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】