GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・春】菱田裕二「師弟コンビ」で悲願の初G1制覇へ!
NEW

【天皇賞・春】菱田裕二「師弟コンビ」で悲願の初G1制覇へ! 川田将雅、C.ルメール不在もチャンス、「勝率5割」のデータが人馬を後押し

【この記事のキーワード】, ,
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I

前哨戦圧勝のテーオーロイヤル、さらに状態アップ!

 24日、東西のトレセンで天皇賞・春(G1)の最終追い切りが行われた。前哨戦の阪神大賞典(G2)を5馬身差で圧勝したテーオーロイヤル(牡6歳、栗東・岡田稲男厩舎)は、状態がさらにアップしているようだ。

 栗東ウッドコースで3頭併せを敢行し、僚馬2頭を追走する形で全身を大きく使ったフットワークを披露。最後は半馬身ほど遅れたものの、これは想定内だったようで、管理する岡田調教師は「抜群に良かった」と愛馬の仕上がりに太鼓判。開業22年目で初となるG1制覇がいよいよ現実味を帯びてきた。

 また、トレーナーとともに悲願のG1初優勝を目指すのは、弟子でありテーオーロイヤルの主戦を務める菱田裕二騎手も同じだ。

 現在31歳の菱田騎手は2012年に騎手デビュー。ルーキーイヤーに23勝を挙げ、関西の新人王にあたる『中央競馬関西放送記者クラブ賞』を受賞したホープである。

 その期待通り、栗東の名伯楽であった松田博資元調教師からも、その腕にお墨付きをもらう。3年目には早くも師が管理したタガノグランパで日本ダービー(G1)初騎乗を果たしており、その後もG1の常連だったラストインパクトなどの鞍上を務めた。ここまでJRA通算勝利は474を数え、重賞7勝をマークしているが、G1タイトルには手が届いていない。

 4番人気のテーオーロイヤルで挑んだ一昨年の天皇賞・春が、これまでで最も上位人気の馬に騎乗するチャンスだったが、圧勝したタイトルホルダーから大きく離された3着。リベンジのかかる今年は『netkeiba.com』で公開されている単勝予想オッズで24日現在、2番人気の支持。当日は1番人気に推される可能性もあるのだから力が入る。菱田騎手も『スポーツ報知』の取材に「本当に大事なレース。騎手として結果を出すことしかないと思っています」と話しており、これからの騎手人生を左右する一戦になるかもしれない。

今年の天皇賞・春は2名のトップジョッキーが不在

菱田裕二騎手 撮影:Ruriko.I
菱田裕二騎手 撮影:Ruriko.I

「昨年は団野大成騎手が高松宮記念(G1)で初G1制覇。一昨年には丸田恭介騎手も同レースで初めてビッグタイトルを獲得するなど、上半期のG1レースでは騎手が初のタイトルを手にするシーンも目立ちますが、菱田騎手もこの流れに乗りたいところですよね。

また、上記2名のジョッキーが勝った際は川田将雅騎手、C.ルメール騎手がドバイに遠征していたため不在という共通点がありました。実は今回の天皇賞・春でも川田騎手とルメール騎手は騎乗しない見通しです」(競馬誌ライター)

 川田騎手は今週末、プログノーシスとのコンビで香港のクイーンエリザベス2世C(G1)参戦を予定しているため、日本に不在。先月のドバイワールドカップデーで落馬し怪我を負ったルメール騎手は現在療養中であり、5月の戦列復帰を目指しているところである。

 思えば川田騎手は今年2月に開催されたフェブラリーS(G1)の際もカタールに遠征しており不在だったが、このときはペプチドナイルに騎乗していた藤岡佑介騎手がおよそ6年ぶりとなる久々のG1制覇を果たしていた。

 普段G1を勝ちまくっているトップジョッキーの不在も菱田騎手にとってチャンスとなりそうだが、他にも天皇賞・春は過去20年間の勝ち馬のうち、ちょうど半数の10頭が初G1勝利だったことも初のビッグタイトルを狙う人馬を後押ししそうだ。

■天皇賞・春が初G1勝利だった馬(過去20年間)

04年イングランディーレ
05年スズカマンボ
08年アドマイヤジュピタ
09年マイネルキッツ
10年ジャガーメイル
11年ヒルノダムール
12年ビートブラック
13年フェノーメノ
18年レインボーライン
23年ジャスティンパレス

 さらに、グレード制が導入されて以降、前哨戦の阪神大賞典で5馬身以上の差をつけて勝利した馬は、続く天皇賞・春で【1-1-1-0】、複勝率100%という強力なデータまで存在している(1着・1992年メジロマックイーン、2着・2021年ディープボンド、3着・2001年ナリタトップロード)。

 川田・ルメール両騎手の不在、ここ20年の天皇賞・春の勝ち馬傾向、そして阪神大賞典を圧勝して臨む馬の好データは、菱田騎手とテーオーロイヤルにとって強烈な追い風となるに違いない。

 イングランディーレが勝った2004年の天皇賞・春を現地観戦したことをきっかけに、ジョッキーになることを志したという菱田騎手。それから20年、思い出の地・京都競馬場での初戴冠も夢ではない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【天皇賞・春】菱田裕二「師弟コンビ」で悲願の初G1制覇へ! 川田将雅、C.ルメール不在もチャンス、「勝率5割」のデータが人馬を後押しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想