GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・春 東大式必勝馬券予想】
NEW

【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】

【この記事のキーワード】, ,

【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】の画像1

 先週の福島牝馬S(G3)は拙稿どおりコスタボニータ~ウインピクシスの1・3着で見事決まり、これでG1の桜花賞(ステレンボッシュ&アスコリピチェーノ)、皐月賞(ジャスティンミラノ&ジャンタルマンタル)と3週連続で2頭軸のドンズバ的中。今週もご期待あれ!

 ということで28日は天皇賞・春(G1、京都・芝3200m)、今回で169回(秋も含む)を迎える伝統の一戦だ。私はタケシバオーが勝った第59回(昭和44年)からずっと見続けているが、目に焼き付いているのはスーパークリーク、メジロマックイーン、テイエムオペラオー、ディープインパクトら単勝オッズ1倍台の馬が完勝するシーン。

 しかし本稿では天邪鬼になって伝説の大波乱となった一戦をしたためておこう。ファンの間でも周知の東大式鉄則「長距離の逃げ馬、侮ることなかれ」を再確認した瞬間でもある。

 それは昭和51年(1976年)、勝ち馬はエリモジョージ、騎手は福永祐一調教師の父で“天才”と称えられた福永洋一である。馬の方の父・セントクレスピンは凱旋門賞(仏G1)を勝ったフランス馬で“不適切な話”かもだが来日時ED(勃起不全)に陥り背骨を木槌で叩いて整体するとあ~ら不思議、完治したという話。

 母は明治時代に小岩井農場が輸入したビューチフルドリーマーを祖とし五冠馬シンザンらを輩出した名牝系のパッシングミドリ。そんな名家出身のエリモジョージは3歳(馬齢は当時)2戦目で初勝利、4戦目の白菊賞も勝ち、明け4歳で鞍上に天才・福永を得てシンザン記念を制しクラシックロードへ。しかし皐月賞は3着と健闘もダービー、次走札幌記念も12着大敗で失意のまま休養に入り、8月には牧場の厩舎が全焼し奇跡的に救出されるという事件も。

 5歳となり平場のオープン2戦を凡走するもサンケイ大阪杯、鳴尾記念を逃げて連続3着し、天皇賞・春に駒を進める。1番人気は前年の菊花賞馬コクサイプリンス、2番人気が有馬記念馬イシノアラシ、続くは同い年でクラシックを善戦したロングホーク、ロングファストの“ロング2騎”にオークス馬トウコウエルザという強力メンバー。エリモジョージは皐月賞3着も忘れられた12番人気。

 曇天・不良馬場で17頭のゲートは開く。エリモジョージはスタート100m過ぎでハナを奪い1周目直線でも「襟裳に春を告げるか、エリモジョージが先頭、快調に飛ばします」(カンテレ・杉本清アナ)、天才・福永の絶妙なペース配分で2周目の坂も先頭のまま最後の直線に入る。

 有力馬が重い馬場にもがく中、逃げ脚衰えず武豊の父で名人・武邦彦騎乗のロングホークが猛追するもアタマ差押し切って「何もない襟裳に春を告げた!」(杉本清)。単勝は当時の同レースで最高の8190円……場内はどよめきとともに「さすが天才!福永」と称賛の声が響き渡った。

 エリモジョージはこのあと3連敗も、8番人気の函館記念をレコード勝ち、京都大賞典9着を挟んで京都記念で61キロを背負いながら日本レコード(当時)で快勝と天才・福永をして「僕にもさっぱりわからへん」 と嘆かせ、ついた仇名が「気まぐれジョージ」、予想屋とファンを泣かせ続けた。

 7歳になった宝塚記念でグリーングラスを寄せ付けず快勝。その後8戦勝てずじまいで8歳の宝塚記念13着を最後にターフを去った。諸氏もこの稀代のクセ馬の名を天才・福永の名騎乗とともに心に刻まれたい。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 エリモジョージの後も、イングランディーレ、ビートブラックらが逃げて大波乱を演出しているこのレース。今年は前走の日経賞(G2)で大逃げし0.2秒差4着のマテンロウレオが行くのか?弱い4歳世代と揶揄されだしたドゥレッツァが逃げてこそ、と菊花賞(G1)の再現を狙うのか?

 この2騎の逃げ切りには注意を払いつつ、本線は阪神大賞典(G2)を圧勝したテーオーロイヤルを頭に、同レース2、3着のワープスピード、ブローザホーン、充実著しいチャックネイト、去年3着のシルヴァーソニックの2、3着争いと見る。4週連続の2頭軸的中を狙うならドゥレッツァ&テーオーロイヤルでドカンといこう。ひそかにディープボンドが“4年連続2着”の珍記録を狙っているかもだが(笑)。

 6週連続G1、幸先良いスタートでGWの後半は遠く襟裳へ“何もない春”を見に行きたいな!

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬