GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・春】テーオーロイヤルが見せた「当確級」パフォーマンス!メジロマックイーン、ナリタトップロードらも好走を約束?
NEW

【天皇賞・春】テーオーロイヤルが見せた「当確級」パフォーマンス!メジロマックイーン、ナリタトップロードらも好走を約束?

【この記事のキーワード】, ,
【天皇賞・春】テーオーロイヤルが見せた「当確級」パフォーマンス!メジロマックイーン、ナリタトップロードらも好走を約束?の画像1
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I

 大目標とする天皇賞・春(G1、4月28日)に向けて好発進を決めたのが、2番人気で今年の阪神大賞典(G2)を制したテーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)だ。

 逃げたジャンカズマが1000m通過63秒7のスローに落とした展開を3番手の好位から手応え十分の抜け出し。上がり3ハロンでもメンバー最速となる34秒8の切れ味を披露したのだから、後続が手も足も出なかったのも仕方ない。

「この馬場、この距離でも、ゴールまで全くスピードが衰えることなく走ってくれていたので、すごいなと思いました」

 2着ワープスピードを5馬身も置き去りにした圧勝劇には、菱田裕二騎手もパートナーの充実ぶりを再確認。続けて「次は大事なレースがあるので、そこでもしっかり結果を出せるように頑張りたい」と本番での好走を誓った。

テーオーロイヤルが見せた「当確級」パフォーマンス

 天皇賞・春は2年前に3着に敗れた舞台。リベンジに期待された翌年だったが、骨折により出走が叶わず、約1年の休養を挟むという不運も経験した。阪神大賞典を勝利したことで2年ぶりに挑む戴冠も現実味を帯びてきた。

「復帰初戦のアルゼンチン共和国杯(G2)では凡走しましたが、2戦目のステイヤーズS(G2)、ダイヤモンドS(G3)、そして阪神大賞典とレースを重ねるごとに調子を上げています。しかも3000m以上の長距離戦を3戦連続で使う異例のローテーション。

スピード重視の近年で生粋のステイヤーといえますね。マイルG1を勝ったリオンディーズ産駒ですが、母父のマンハッタンカフェの血がスタミナを補完しているのかもしれませんね。ひとつ上の半兄メイショウハリオがG1を勝っているように底力もある母系です」(競馬記者)

 ひとつ気になることがあるとすれば、ダイヤモンドSから直行せず、あえて阪神大賞典を使った点だろう。こちらについては相手が強化されるG1よりも目先の勝利を優先したのではないかという声も一部で聞かれている。

 しかし陣営にとってはそんなことは百も承知。むしろ注目すべきは近2走で馬体重を増やしていることだ。これだけ過酷に映る強行軍でもテーオーロイヤルは使われるたびに強い競馬を見せているのだ。

「最有力と目されていたドゥレッツァが金鯱賞(G2)でプログノーシスに完敗。ジャスティンパレスにしてもドバイシーマクラシック(G1)に出走するため、天皇賞への出走は不鮮明です。ドゥレッツァとC.ルメール騎手のコンビが決定していることを考えると、他の騎手を起用して参戦するかどうか。

対するテーオーロイヤルは6歳という年齢や距離適性的にも、天皇賞がおそらくメイチ仕上げ。タイトルホルダーも引退し、ディープボンドもピークを過ぎた感があるなら、最有力といっていい存在です。また、過去に阪神大賞典を5馬身差以上で圧勝した馬も後押ししてくれそうですよ」(同)

 確認してみたところ、グレード制導入以降の阪神大賞典で5馬身差以上の勝利を収めた馬は以下の通り。

■阪神大賞典を5馬身差以上で勝利した馬と天皇賞・春の着順

1992年 メジロマックイーン、5馬身(優勝)
1995年 ナリタブライアン、7馬身(故障で出走せず)
2001年 ナリタトップロード、8馬身(3着)
2019年 シャケトラ、5馬身(故障で出走せず)
2021年 ディープボンド、5馬身(2着)
2024年 テーオーロイヤル

 5馬身差以上という厳しい条件のため、サンプルこそ少ないものの、過去の事例に照らし合わせるとテーオーロイヤルが天皇賞・春で馬券に絡む可能性は非常に高いともいえそうである。

 また、本馬を所有する小笹公也オーナーは、阪神大賞典と同日に行われた中京メインの名古屋城S(OP)にテーオードレフォンとテーオーリカードを送り込んでワンツーを決めるなど絶好調。この勢いならテーオーケインズに続く2頭目のG1勝利も夢ではないかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【天皇賞・春】テーオーロイヤルが見せた「当確級」パフォーマンス!メジロマックイーン、ナリタトップロードらも好走を約束?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配