GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?C.ルメール、国枝栄師も大絶賛の逸材登場…「牝馬限定重賞以下」のタイムとメンバーレベルに疑問符
NEW

【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?C.ルメール、国枝栄師も大絶賛の逸材登場…「牝馬限定重賞以下」のタイムとメンバーレベルに疑問符

【この記事のキーワード】, ,
【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?C.ルメール、国枝栄師も大絶賛の逸材登場…「牝馬限定重賞以下」のタイムとメンバーレベルに疑問符の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場で行われたスプリングS(G2)は、C.ルメール騎手が騎乗したシックスペンス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。1番人気の支持に応えるとともに、デビューから無傷の3連勝でクラシック候補に名乗りを上げた。

 上がり3ハロン33秒3、後続を寄せ付けない大楽勝にルメール騎手も手応えを感じたに違いない。レース後のコメントでも「とても乗りやすい馬ですし、2000m以上もいける」「楽に伸びてくれましたし、上のクラスにいける」と底知れない魅力を持つパートナーに賛辞の言葉が並んだ。

 本馬を管理する国枝師も「スタートが良く、良い位置を取れましたし、折り合いもついて、理想的な競馬だった」「現時点ではあまり課題というものは見当たらないですね」と振り返っていたように、最後の皐月賞トライルで登場した大物に期待十分だ。名伯楽がまだ手に入れられていない牡馬クラシックのタイトル奪取に楽しみな馬が登場した。

3戦無敗のクラシック候補に期待と不安

 10頭立ての少頭数で争われた芝1800m戦。ハナを主張したアレグロブリランテが刻んだラップは、道中での出入りも少なかったこともあって、1000m通過が63秒1の超スローペースに落ち着いた。これを好位3番手から追走したシックスペンスだが、最後の直線でルメール騎手が追い出すと後続との脚色の差は歴然。そのままムチを入れられることもなく、ゴール前でも流すような格好で圧勝してしまった。

「いやあ、強かったですね。新馬戦は2着馬とタイム差なし、2戦目も2着馬に0秒2差と派手な勝ち方はしていなかったのですが、1勝クラスの前走からメンバーが一気に強化されたG2で過去最大の0秒6差の大楽勝には驚かされました。世代トップクラスと目されていたジャンタルマンタルやシンエンペラーが前哨戦で不覚を取っていただけに、最後の大物候補と期待されるのも無理はないです。

ただ、この一戦だけで過大評価をするには時期尚早という気もします。相手関係やレースレベルを比較すると、まだまだ課題がありそうですよ。皐月賞(G1)に出て来たら上位人気が予想される馬ですが、ルメール騎手にはレガレイラというお手馬もいます。G1馬との選択に悩むほどかといわれると、まだまだ分かりませんね。いずれにしても次走で真価が問われそうです」(競馬記者)

 記者の歯切れが悪かった一因には、勝ちタイムの遅さも関係しているのだろう。ゴール前で追わなかったとはいえ、1分49秒4(良馬場)は過去10年のスプリングSで2番目に遅かった。ちなみに昨年の勝ち馬であるベラジオオペラも無敗の3連勝で重賞初制覇を遂げた逸材だが、こちらは“重馬場”で1分48秒9をマークしている。

 当然ながら当時と馬場状態の違いがあるものの、比較対象として有効となる前日土曜中山のメイン、フラワーC(G3)を優勝したミアネーロのそれは1分48秒0(良馬場)。単純に走破時計のみを当てはめると、シックスペンスは牝馬限定重賞の9着馬以下ということになる。

 もうひとつ引っ掛かるのは、33秒3の上がり最速にそこまでの価値があったのかどうかである。超スローで流れた展開のおかげで、逃げたアレグロブリランテが、そのまま2着に流れ込んだように、前にいた5頭がそのまま掲示板を独占した。

 言ってしまえば、出走した馬の10頭中8頭が上がりハロン33秒台をマークしていたわけだ。もちろん、勝ち馬の強さが1頭だけ抜きんでていたことは間違いないが、負かしたメンバーの大半が1勝クラスのようなものだったともいえるのではないか。

 陣営も距離の延長に太鼓判を押したとはいえ、ここまでスタミナを問われない展開なら事実上マイル戦のようなもの。スプリングSを楽勝した程度では、レースレベルへの疑問符がついても仕方ないかもしれない。

 ただ、前向きな見方をすれば無敗馬だからこそ、未知の可能性を秘めているということだ。いずれにしても真価を問われる次走。女王レガレイラとの間でルメール騎手の「心変わり」があるのかどうかにも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?C.ルメール、国枝栄師も大絶賛の逸材登場…「牝馬限定重賞以下」のタイムとメンバーレベルに疑問符のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配