GJ > 競馬ニュース > いまは無き宇都宮競馬場
NEW

いまは無き宇都宮競馬場〜ネクラ女医の競馬日記No.21〜

ネクラ女医の競馬日記

 2023年度、地方競馬の総売上金額は1兆888億6525万8120円、過去最高額となりました。2年連続で1兆円超え、まさに右肩上がりの成長を見せる地方競馬ですが、かつては、バブル崩壊後に多くの地方競馬場が一つ、また一つと姿を消し、その度に多くの馬や人が仕事を失いました。宇都宮競馬場も、そのひとつです。

 宇都宮競馬場の跡地は、現在は大型スタジアムを抱く総合運動公園となっています。かつて競走馬が踏み固めた外周コースは、コンクリートで綺麗に舗装されたウォーキングコースに姿を変えました。栃木県は車社会ですから、人々が安全に体を動かせる場所はとても貴重です。

いまは無き宇都宮競馬場〜ネクラ女医の競馬日記No.21〜
いまは無き宇都宮競馬場〜ネクラ女医の競馬日記No.21〜

 草花を愛でながら歩く老夫婦や、楽しそうに駆けまわる子供、のどかな光景はかけがえのないものと思えました。しかし、砂を巻き上げ轟く蹄音や、勝負師の悲喜交々の歓声が、ここに響き渡ることは二度とありません。

 バブル以来の活況に沸く地方競馬。経済の波に翻弄されがちな地方競馬の持続性を保つためには、私たちファンがレースに興味を持ち続けること、また敷居の高さや偏見をなくすことで老若男女が気軽に楽しめるエンタメとして認知を高めることが大切なのかな、と私は思いました。皆さんは、どのように思いますか。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

いまは無き宇都宮競馬場〜ネクラ女医の競馬日記No.21〜のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想