GJ > 競馬ニュース > 「斜行落馬」より痛いフジ
NEW

JRA岩崎翼「斜行落馬」より痛いフジ『みんなのKEIBA』の報道ミス……「他馬落馬」連呼に呆然

【この記事のキーワード】, ,
JRA岩崎翼「斜行落馬」より痛いフジ『みんなのKEIBA』の報道ミス......「他馬落馬」連呼に呆然の画像1

 8日、福島競馬場で行われた七夕賞(G3)で、岩崎翼騎手が4コーナーで落馬。そのまま福島市内の病院に運ばれるアクシデントが発生した。

 この日のメインレースで3番人気プラチナムバレットに騎乗していた岩崎騎手は、最内で絶好の手応えで進んでいた。だが最終コーナーで外側に斜行してしまい、他馬に接触して落馬。大きく転倒したようにも見えたが、プラチナムバレットは異状なし。緊急搬送された岩崎騎手も、親戚である和田竜二騎手がTwitterで「御心配ありがとうございます」「翼大丈夫みたいです」と無事であることが報告されている。

「無事で何よりですが、この件で岩崎騎手は過怠金50,000円が課されることになりました。厳しいとは思いますが、仕掛けどころの最終コーナーで他馬に接触して落馬をしているため、一歩間違えれば後続の馬を巻き込んで大事故になる可能性もありました。岩崎騎手の落馬は痛ましい事故ですが、それが本人たち以外にまで広がらなかったことは不幸中の幸いだったと思います」(競馬誌ライター)

 今回の岩崎騎手が騎乗していたプラチナムバレットは、素質こそ認められているものの骨折で長期に渡って戦線離脱。今年に入って復帰して浜中俊騎手とタッグを組んで4着、3着と好走していたものの、前走は14着と惨敗していた。今回は浜中俊騎手から岩崎騎手に乗り替わり、心機一転の意味も込めて人気を集めていたのだが、残念な結果に終わっている。

「プラチナムバレットはこれで仕切り直し。岩崎騎手は昨年末からフリーに転向しており、乗鞍こそ確保しているようですが、今年はこれまで9勝と伸び悩んでいました。今回のプラチナムバレットで重賞勝利を達成、もしくは好走をして見せれば、馬主たちや調教師たちの信頼も勝ち得て、有力馬の騎乗の話も出てきたと思うのですが…。苦難の日々がまだまだ続きそうですね」(前出・同)

 今後を考えれば、人馬ともに痛すぎる結果に終わってしまったようだ。

JRA岩崎翼「斜行落馬」より痛いフジ『みんなのKEIBA』の報道ミス……「他馬落馬」連呼に呆然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?