GJ > 競馬ニュース > 七夕賞「サイン」
NEW

七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中……七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とは

【この記事のキーワード】, ,
七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中......七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とはの画像1

 8日に福島競馬場で行われる七夕賞(G3)。今年は100周年としてイベント目白押しの福島競馬だが、今週のメインレースにはJRAの年間CMでお馴染みの柳楽優弥がプレゼンターを務める。

 今年は2年目となるJRAのプロモーション活動の他にも、積極的にプレゼンターを務めている柳楽。単独での登場は桜花賞、安田記念に続いて3度目となる。「サイン馬券」としては、当然その関連性に注目だ。

 桜花賞、安田記念ともにC.ルメール騎手が勝利しているが、今回の七夕賞には残念ながら参戦していない。もう1つの特徴は両レースとも「1枠」「5枠」が馬券圏内に絡んでいることだ。今回の七夕賞も1枠にはプラチナムバレット、5枠にはマイネルサージュとサーブルオールがエントリーしており、十分に現実的な組み合わせといえるだろう。

 また、騎手では戸崎圭太騎手に注目したい。

 七夕賞が行われる7月8日は戸崎騎手の誕生日。それも戸崎騎手は本レースを連覇中と、相性も抜群だ。騎乗馬は1番人気が濃厚なサーブルオール。先程の柳楽とのサインと相まって、バースデイVなるか。

 そして、七夕賞で注目したいのは、なんといっても「7」という数字である。

 過去10年を振り返っても、馬番「7」は2015、14、12、10、08と半数の5年で馬券圏内に加わっている。また、「7」番人気も2017、13、12、11、08と、こちらも非常に高い頻度で馬券に絡んでおり、好配当の使者となっている。今年はワンブレスアウェイが7番にエントリー。しかも本馬は現在7番人気とサイン的には非常に強力な状態だ。なお、7番人気の7番は2008年のミヤビランベリが1着だった。

 また、この日の福島競馬はオールドファンにとっては懐かしい、昭和62年まで使用されたファンファーレが採用されているそうだ。この七夕賞ではトランペッターの山崎千裕さんによる生演奏が予定されている。

七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中……七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内