GJ > 競馬ニュース > 人は何故「追込馬」に惹かれるのか
NEW

ヒシアマゾンに、デュランダル…人は何故「追込馬」に惹かれるのか 〜ネクラ女医の競馬日記No.19〜

【この記事のキーワード】, ,

の画像1

 

「なんだか知らないけど、こういう馬が好きなんだよな」というの、ありませんか?

 私はマイペースな追込馬を好きになりがちで、ラストの鋭い末脚にグッときます。この嗜癖はどこから来たのだろうと考えてみると、何事にもエンジンのかかるのが遅い自分自身に「それでもいい」と言ってもらえるような気がするからではないかと思います。

 オグリキャップ好きのおじさんも、オグリの逞しい馬生に苦労の多かった自身を重ねて、励まされるような気持ちがあったのではないでしょうか。

「この馬が気になる」「あの馬を応援したい」。

 そんな感情は、ファンの歩んできた人生や、それぞれが胸に抱くほろ苦い思いによって決まるのかもしれませんね。

の画像2 さて、最近はウシュバテソーロを応援中なのですが、先日のドバイワールドカップでも奮闘しましたね。連覇はなりませんでしたが、獲得賞金はついに日本馬の歴代トップとなりました(あのイクイノックスも超えて!)。齢7歳、人間でいえば40歳相当のウシュバテソーロ。彼のマイペースで力強い走りに、勇気をもらえるような気はしませんか。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

ヒシアマゾンに、デュランダル…人は何故「追込馬」に惹かれるのか 〜ネクラ女医の競馬日記No.19〜のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”