GJ > 競馬ニュース > 好きな競馬小説「優駿」の話 ~ネクラ女医の競馬日記No.14~
NEW

好きな競馬小説「優駿」の話 ~ネクラ女医の競馬日記No.14~

【この記事のキーワード】, ,

好きな競馬小説「優駿」の話 ~ネクラ女医の競馬日記No.14~の画像1

 好きな競馬小説はありますか?

 古内一絵の「風の向こうへ駆け抜けろ」、馳星周の「ロスト・イン・ザ・ターフ」など名作はいくつもありますが、個人的には宮本輝の「優駿」が、最も記憶に残っています。

「優駿」は、第1回JRA賞馬事文化賞を受賞した作品です。作者は執筆に先立ち社台ファームに取材をしたそうで、作中には創業者・吉田善哉をモデルにした大牧場主も登場します。また、取材の過程で実際に馬主となったことで、みずから馬産業に深く関わっていきました。そのためか、他と一線を画したリアルな描写が楽しめます。

好きな競馬小説「優駿」の話 ~ネクラ女医の競馬日記No.14~の画像2

 ただ、現実のディティールに忠実でいながらも、エンタメとしてしっかり成立しているのが「優駿」の凄いところです。競馬を取り巻く恋愛、親子愛、策謀、そして生と死。極めてリアルな競馬描写と様々なフィクション的ドラマが無理なく噛み合った傑作なのです。ぜひ、読んでみてください。(ちなみに、映画化もされています。)

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

好きな競馬小説「優駿」の話 ~ネクラ女医の競馬日記No.14~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ