GJ > 競馬ニュース > 【NHKマイルC】C.ルメール騎手「一鞍入魂」アスコリピチェーノと必勝態勢!
NEW

【NHKマイルC】C.ルメール「一鞍入魂」アスコリピチェーノと必勝態勢!オークス、日本ダービーも騎乗馬決定か…シックスペンスとはコンビ解消

C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 いよいよ最強ジョッキーが復帰を果たす。

 3月のドバイターフ(G1)で落馬負傷し、休養中だったC.ルメール騎手だが、5日に東京競馬場で行われるNHKマイルC(G1)で復帰することが分かった。先日も自身のSNSで復帰に向けたトレーニングをする姿なども公開し、5月の前半を目標に調整を続けている旨を伝えていたが、何とか間に合った。

 ドバイで落馬して肋骨と鎖骨を骨折、肺にも穴が開く大怪我を負っていたため、一部のファンから春のクラシックは絶望という声も聞かれたものの、驚異的な回復を見せた。ただ近しい関係者からは、おそらくオークス(G1)や日本ダービー(G1)は間に合うだろうという話も出ていたようである。

最強ジョッキーの復帰はクラシック戦線にも大きな影響

アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

「すでに発表されていますが、NHKマイルCでアスコリピチェーノとコンビが決まっています。今週の調教に乗って問題なさそうなら確定でしょう。前走の桜花賞(G1)で騎乗していた北村宏司騎手はシュトラウスに騎乗予定です。北村宏騎手も最善を尽くしたと思いますが、桜花賞と皐月賞(G1)をともに1番人気で敗れたこともあり、ノーザンファームも勝負強いルメール騎手への乗り替わりを決断したみたいです。

NHKマイルCは社台ファーム生産のジャンタルマンタルが最大のライバルですから、ノーザンファームもルメール騎手を確保して必勝態勢といったところでしょう。ただ、今週は乗ったとしてもNHKマイルCだけの一鞍入魂らしいです。来週以降は少しずつ鞍数を増やす方向のようですが、当面はセーブ気味になるでしょう」(競馬記者)

 戦列を離れている間にリーディングジョッキーの座を川田将雅騎手に奪われ、お手馬のステレンボッシュに騎乗したJ.モレイラ騎手が桜花賞を勝ち、レガレイラに騎乗した北村宏騎手が皐月賞で敗れた。ルメール騎手としても、盛り上がりを見せる春のG1シーズンを見学したくはなかったはずだ。

シックスペンスとのコンビは解消

 気になるのはオークスや日本ダービーの騎乗予定馬だが、桜花賞でステレンボッシュを勝利に導いたモレイラ騎手がオークスの週は契約馬主との関係でブラジルに戻るため、ステレンボッシュとのコンビが復活する様子。ヴィクトリアマイル(G1)でコンビを予定しているフィアスプライドも国枝栄厩舎の管理馬であり、両者の結びつきの強さを物語っている。

 その一方でシックスペンスとは川田騎手との新コンビが発表済み。ルメール騎手はダービー出走を表明したレガレイラの騎乗が濃厚か。

 とはいえ、まだレースに対する勝負勘や体調も万全といい難いことも事実。予想を上回るタイミングで早期復帰するのは朗報であるものの無理は禁物。まずは今回のルメール騎手と同じく、一鞍入魂だった昨年の有馬記念(G1)でドウデュースとともに完全復活した武豊騎手の再現に期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【NHKマイルC】C.ルメール「一鞍入魂」アスコリピチェーノと必勝態勢!オークス、日本ダービーも騎乗馬決定か…シックスペンスとはコンビ解消のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想