GJ > 競馬ニュース > NHKマイルC(G1)は「15番」が勝つ!?
NEW

NHKマイルC(G1)は「15番」が勝つ!? 「2024春G1全勝の法則」が天皇賞・春のテーオーロイヤルも予言的中! マルゼンスキーの伝説がまさかの……

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春の舞台となった京都競馬場 撮影:Ruriko.I
天皇賞・春の舞台となった京都競馬場 撮影:Ruriko.I

2024春G1全勝の法則が天皇賞・春もクリア

 競馬ファンの皆様、新緑の季節いかがお過ごしでしょうか? 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」です。今回は毎週恒例の【週末GJ人気記事ぶった斬り!】特別編をお送りします。

 前回、その名も「2024春G1全勝の法則」を発見した自称サイン馬券研究家の藤田ハチ子ですが、まさか天皇賞・春(G1)も乗り越えて第2弾が開催されるとは……。

 本企画お馴染みの酒は飲まないがタバコがやめられない孤高の鬼デスク「K」との2人で、改めて今年の春G1に関するサイン馬券をぶった斬っちゃおうと思います!


ハチ子:天皇賞・春は見事「14番」のテーオーロイヤルが勝利~!! 見た? 見ましたか? 14番ですよ、デスク~!

デスク「K」:見たよ。おかげさまで単勝も獲れたよ。菱田裕二騎手、初G1おめでとう! ナイス騎乗だった!

ハチ子:さすが「私」が発見した2024春G1全勝の法則! やはり競馬はサイン! サインという宇宙の法則に支配されているのです!

デスク「K」:本当に、お前が発見したのは怪しいところだが……。いずれにせよ、これで大阪杯(G1)を11番ベラジオオペラ、桜花賞(G1)を12番ステレンボッシュ、皐月賞(G1)を13番ジャスティンミラノ、そして天皇賞・春を14番テーオーロイヤルが勝つなんて、ちょっと出来過ぎじゃないか?

ハチ子:フェブラリーS(G1)の9番ペプチドナイル、高松宮記念(G1)の10番ビクターザウィナー(3着)も忘れちゃいけませんよ!

今週のNHKマイルCは「15番」が勝つ!?

デスク「K」:いやあ、こういう法則って、発見されて話題になった時に限って崩れるもんなんだけどなあ。

ハチ子:14番に超有力馬を入れてくれるなんて、JRAもわかってますよね~。

デスク「K」:100%偶然だと思うんだが、これだとさすがに今週のNHKマイルC(G1)の15番は無視できないな。元々、外枠がやや有利なレースだし、まさかここまで枠順に注目することになるとは……。

ハチ子:いや、もうぶち込みましょう! 私、デスクの定期預金解約してきます!!

デスク「K」:なんで人の金なんだよ! でも、このままNHKマイルCが15番で、ヴィクトリアマイル(G1)が16番、オークス(G1)が17番といくと、日本ダービー(G1)は18番が勝つってことになるのか。

ハチ子:サニーブライアンを思い出しちゃいますね~。

デスク「K」:古い馬を知ってるなあ。大昔に持込馬だからって日本ダービーの出走権がなかったマルゼンスキーの中野渡清一騎手が「大外枠でもいいから出させてくれ」って懇願した有名なエピソードがあるんだけど、まさか逆に「大外枠(18番)で出させてくれ」ってお願いする時代が来こようとしているとは……。

ハチ子:それ、めちゃくちゃ面白いですね(笑)。日本ダービーといえば、1枠1番最強の法則が有名ですが、今年は18番が激熱になるかも?

デスク「K」:まあ、とりあえずは今週のNHKマイルCの15番に要注目だな。どうせなら、もう少しは続いてほしいかな。

ハチ子:何を弱気なことを言ってるんですか! ここまで来たら上半期のラスト、宝塚記念の2番まで突っ走りますよ~!

デスク「K」:ダービーの18番が終わったらどうなるのかと思ったが、まさか安田記念(G1)で1周回って1番に戻ってくるところまで予想しているとは……。(こいつさえうるさくなければ、もっと続いてもいいんだが)


 さていつもバカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

NHKマイルC(G1)は「15番」が勝つ!? 「2024春G1全勝の法則」が天皇賞・春のテーオーロイヤルも予言的中! マルゼンスキーの伝説がまさかの……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想