GJ > 競馬ニュース > NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!?
NEW

NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光

アスコリピチェーノ
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 21日、JRA(日本中央競馬会)の公式HPにて、5月5日に東京競馬場で開催される第29回NHKマイルC(G1)の特別登録馬27頭が発表された。

 かつて外国産馬、いわゆるマル外がクラシックに出走できないことを受け、1996年に「マル外ダービー」として誕生したNHKマイルC。創設から6年連続でマル外馬が優勝するなど、外国産馬全盛の時代には大きな盛り上がりを見せた。

 しかし、日本競馬のレベルが世界トップクラスに達した昨今は外国産馬の活躍が減少。同時にNHKマイルCの役割もマル外ダービーから3歳マイル王決定戦へ様変わりしたものの、近年はかつての勢いや注目度を完全に失っている。

 実際に、2008年の覇者ディープスカイが後に日本ダービー(G1)を制してから15年間の勝ち馬で、後にG1タイトルを上積みできたのは、マイルCS(G1)を勝った2014年のミッキーアイルと香港マイル(G1)を勝った19年のアドマイヤマーズの2頭のみ。

 一昨年の勝ち馬ダノンスコーピオンや、昨年の覇者シャンパンカラーがまだ現役とはいえ、この時期に行われる3歳G1の桜花賞や皐月賞と比較すると、あまりに寂しい状況だ。

 しかし、今年はそんな風向きが大きく変わろうとしている。

NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!?

ジャンタルマンタル
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

 最大の注目点は2歳女王アスコリピチェーノと、2歳王者ジャンタルマンタルの激突だろう。

 昨年12月に阪神ジュベナイルF(G1)と朝日杯フューチュリティS(G1)をそれぞれ制した両馬だが、前者が桜花賞で2着、後者が皐月賞で3着と今春のクラシックでも堂々の活躍。2頭が2400mのオークス(G1)、日本ダービーではなくコチラを選んだのは、陣営が高いマイル適性を感じているからに他ならない。

 なお、2歳女王VS2歳王者が実現すればNHKマイルC史上初となる。

「盛り上がりや注目度も然ることながら、NHKマイルCにとってありがたいのはレーティング面になるかもしれません。近年は上位馬が鳴かず飛ばずということもあって、一時はG2降格の心配もされていました。ただ今年のメンバーであれば、余ほどのことがない限り高いレーティングになることは確実。白熱したレースを期待したいですね」(競馬記者)

勢力図をひっくり返すかもしれない「あの大物」参戦も

 記者が話す通り、今年のNHKマイルCはアスコリピチェーノと、ジャンタルマンタルの他にも有力馬が多士済々。中でも、まずはゴンバデカーブースの名を挙げておきたい。

 同馬は昨秋のサウジアラビアロイヤルC(G3)で、このNHKマイルCの有力候補ボンドガール、後の東京スポーツ杯2歳S(G2)の覇者シュトラウスらを相手に2馬身差の完勝。有力視されていたホープフルS(G1)を感冒の症状で回避してココに進んできただけに、2戦2勝とまだ底が見えていない。休み明けだが本来のパフォーマンスを発揮できるなら、一気に勢力図をひっくり返してもおかしくない大器だ。

 また、未知の魅力という点であれば、シンザン記念(G3)を勝ったノーブルロジャーは例年なら1番人気に推されてもおかしくない有力馬。クイーンC(G3)2着のアルセナールや、アイビーS(L)勝ちのダノンエアズロックも一発逆転の底力は秘めている。

 そこにニュージーランドT(G2)の覇者エコロブルーム、アーリントンC(G3)の勝ち馬ディスペランツァ、ファルコンS(G3)を制したダノンマッキンリーなど、前哨戦の上位組も健在だ。

 史上最高と言っても良いハイレベルになりそうな今年のNHKマイルC。一部の競馬ファンからは「まるでG1級の好メンバー」と揶揄されるなど近年はやや寂しい状況が続いていただけに、かつての盛り上がりを取り戻すきっかけになるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想