GJ > 競馬ニュース > 【ユニコーンS(G3)展望】
NEW

【ユニコーンS(G3)展望】ダート2戦計「22馬身差」大器ムルソーが登場!無傷2連勝「G1馬の弟」ミッキーファイトと初対決へ

【ユニコーンS(G3)展望】ダート2戦計「22馬身差」大器ムルソーが登場!無傷2連勝「G1馬の弟」ミッキーファイトと初対決への画像1

東京ダービーのトライアルに生まれ変わったユニコーンS

 27日、京都競馬場では3歳馬によるダート重賞、ユニコーンS(G3)が行われる。1996年の創設当初は秋の中山開催だったが、2001年に6月東京開催へ変更。7月のジャパンダートダービー(G1)の前哨戦に位置付けられていた。

 そして迎えた2024年。中央・地方の垣根を越えたダート競走の体系整備に伴い、ユニコーンSは東京ダービー(G1)のトライアル競走に指定され、開催時期を約2か月前倒し。東京ダート1600mから京都1900mへと施行条件を変えて行われる。

 記念すべき改革元年のユニコーンSで主役を張るのはムルソー(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 父はこの3歳世代が初年度産駒となるレイデオロ。まもなく産駒のデビューから1年が経過するが、まだこれといった大物は出ていない。すでにG1馬のレガレイラなどを輩出しているスワーヴリチャードに比べると、出遅れた感は否めないが、ムルソーがレイデオロの希望の星となる可能性は十分にありそうだ。

 デビューはやや遅れて今年の1月。京都芝2000mでA.ルメートル騎手を背に2番人気に推されたが10着に惨敗し競走馬生活をスタートさせた。この敗戦で陣営はあっさりとダート転向を決断すると、これが功を奏した。

 2月の京都ダート1900mで迎えた2戦目は、団野大成騎手を背に逃げ切り勝ち。果敢にハナを奪い、道中は13秒台のラップを刻むスローに落とし込むことに成功すると、直線で後続を突き放し、ラスト3ハロンは12秒8ー12秒4ー12秒2の加速ラップで楽々と逃げ切った。

 2着馬との着差はなんと2秒3。文字通りの大差勝ち(約14馬身)で初白星をマークすると、3戦目は川田将雅騎手に乗り替わって阪神ダート1800mの3歳1勝クラスへ。

 ここでも果敢にハナを切ってペースを握ると、2戦続けてラスト3ハロン最速でまとめて8馬身差で勝利。川田騎手も「能力の高い馬」「今日もいい走りをしてくれている」と称えた。

 ただ、川田騎手は「性格の難しいところがあるので、そういう面が徐々に大人になってきてくれれば」と課題も挙げており、前に馬を置いて砂を被る展開になった時に同じようなパフォーマンスを発揮できるかどうかがカギとなる。逆に今回もハナを奪えれば圧勝もあるだろう。


 そんなムルソーのライバル筆頭格となるのはミッキーファイト(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)だ。

 半兄に2022年のチャンピオンズC(G1)を制したジュンライトボルトがいる良血馬で、父がキングカメハメハからドレフォンに替わった本馬はパワフルな馬体の持ち主。デビュー当初450kg台だった兄に対し、ミッキーファイトは2戦目の前走時が544kgと雄大な馬体を誇る。

 昨年10月、東京ダート1600mのデビュー戦を差し切ったが、2着馬とはクビ差だった。暮れの中山で2戦目に臨むと、好位3番手から危なげなく抜け出して5馬身差快勝。2戦連続で上がり最速タイムを叩き出しており、パワーと瞬発力を兼ね備えている。

 年明けは3月に実戦復帰を予定していたが、約1か月ずれ込んでの始動戦。初の関西遠征を難なくクリアして無傷の3連勝を飾ることができるか。


 関西馬だが京都初参戦となるラムジェット(牡3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)も将来性の高さを感じさせる1頭だ。

 昨夏の中京ダート1400mでデビュー戦を勝利で飾ると、その後は1勝クラスで2連敗。しかし続く年末の寒椿賞(2歳1勝クラス)で三浦皇成騎手に乗り替わって3戦ぶりの2勝目を挙げて軌道に乗った。

 初めて距離を延ばして臨んだ今年初戦のヒヤシンスS(L)は、後方から大外を通って脚を伸ばし、最後は後続に3馬身の差をつけた。前走後はケンタッキーダービー(米G1)を見据えていたが、選出ポイントで出走は叶わず。今回はさらに300mの距離延長となるが、前走の走りを見る限り難なくこなしそうだ。


 マルチャレアル(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は、3年前のブリーダーズCディスタフ(米G1)を制したマルシュロレーヌを半姉に持つ良血。デビューから全てダートで4戦2勝だが、2勝はどちらも京都で挙げており、今回も侮れない。


 カゼノランナー(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、デビューから芝で2戦続けて凡走も、ダート替わりの3戦目で6馬身差の逃げ切り勝ちを収めた。走破時計も同日の古馬2勝クラスを上回っており、ダート替わり2戦目でさらにパフォーマンスを上げてくるようならムルソーの最大のライバルとなるかもしれない。


 この他には昨秋のデビュー戦で大差勝ちし、前走の1勝クラスで3戦ぶり勝利を挙げたエイカイソウル(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)、伏竜S(OP)でテーオーパスワードとアタマ差の2着に好走したアラレタバシル(牡3歳、美浦・根本康広厩舎)、青葉賞(G2)と両睨みのカレンブーケドールの半弟サンライズソレイユ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)なども虎視眈々と上位をうかがう。

 東京ダービーに向けて勝ち名乗りを上げるのはムルソーか、ミッキーファイトか、それとも思わぬ伏兵馬か。注目の一戦は27日15時35分に発走を迎える。

【ユニコーンS(G3)展望】ダート2戦計「22馬身差」大器ムルソーが登場!無傷2連勝「G1馬の弟」ミッキーファイトと初対決へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も