GJ > 競馬ニュース > 【羽田盃(G1)展望】
NEW

【羽田盃(G1)展望】新ダート三冠初戦はJRA勢4頭×南関勢4頭が激突! 軸は川田将雅と初コンビ結成、白毛アマンテビアンコか

【この記事のキーワード】, ,
【羽田盃(G1)展望】新ダート三冠初戦はJRA勢4頭×南関勢4頭が激突! 軸は川田将雅と初コンビ結成、白毛アマンテビアンコかの画像1
撮影:Ruriko.I

ダート三冠、ついに開幕!!

 24日の大井競馬場で行われる羽田盃(G1)。これまで南関東3歳三冠の一冠目として行われてきたが、ダート競走の体系整備によって今年から中央も含めたダート三冠の一冠目として開催される。

 京浜盃(G2)を圧勝した大井のサントノーレが有力馬の1頭に数えられていたが、ケガで回避したため、やはり中心となるのはJRA勢か。

 4頭いるJRA勢の中で、実績・話題性ともに群を抜いているのはアマンテビアンコ(牡3歳、美浦・宮田敬介厩舎)だろう。

 本馬の祖母は突然変異で白毛に生まれたシラユキヒメ。母は南関東の重賞を3勝したユキチャンという白毛一族。アマンテビアンコも真っ白な馬体の持ち主だ。

 昨年6月に東京ダート1400mでデビューを果たすと、C.ルメール騎手を背に1番人気に支持され、中団から鋭く伸びて初陣を飾った。

 レース後、鞍上は「エンジンがかかってからの脚は良かった」「伸びしろがありますし、センスもあります」と絶賛。ただ距離に関しては「1600mまではいけると思います」と、どちらかというと短距離志向という見方を示していた。実際、1600mに延ばした次走のプラタナス賞(2歳1勝クラス)は3着に敗れている。

 それでも3戦目のカトレアS(OP)で巻き返して2勝目を挙げると、2月に羽田盃のトライアル、雲取賞(G3)へと駒を進めた。1ハロン距離を延ばして初の1800mで迎えた一戦は、イーグルノワールに次ぐ2番人気。2番手を進んだライバル馬をマークする形で、アマンテビアンコは勝負所から早めに進出していった。

 4コーナーでは先団を走る3頭とやや差がある4番手に位置していたが直線で猛追。なんとか2着を確保して羽田盃への優先出走権を手に入れている。

 同レースでは勝ち馬に2馬身離されたが、ゴール前までしっかり伸びており、1800mのメドはついたといえるだろう。ルメール騎手がケガのため騎乗できないので、今回は川田将雅騎手に乗り替わる。白毛の牡馬として初のG1制覇を成し遂げることができるか。


 そのアマンテビアンコを雲取賞で破ったのがブルーサン(牡3歳、栗東・川村禎彦厩舎)だ。

 昨年7月のデビューから3戦連続で凡走していたが、全て芝でのレース。4戦目でダートに転向すると初戦は2着だったが、2戦目で勝ち上がった。

 その後は1勝クラスを3度目の挑戦で制し、雲取賞へ参戦。アマンテビアンコらに次ぐ3番人気に推されたが、直線で伸びあぐねるライバル勢を尻目にまんまと逃げ切った。

 これまでダートで逃げた時は「3-2-0-0」とパーフェクト連対を続けており、和田竜二騎手とのコンビではダートに限ると3戦3勝。今回は1番人気に推される可能性もあり、他馬からの厳しいマークをかいくぐる必要がある。


 京浜盃を圧勝した大井のサントノーレがケガで不在だが、同レースで2~3着に好走したJRA勢の2頭が出走に踏み切った。

 2着だったアンモシエラ(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、デビュー4戦目で勝ち上がったように2歳のデビュー当初は馬も競馬をよく理解していないところがあった。

 チークピーシズを装着するようになってからはゲートも上達。唯一芝を走った年末のホープフルS(G1)は15着に惨敗したが、それを除けば初勝利以降「3-1-0-0」の好成績を残している。

 2走前のブルーバードC(G3)は3頭がタイム差なしの激戦を制し、前走・京浜盃はサントノーレに7馬身離されたが2着を確保している。過去68回の歴史の中で、牝馬が羽田盃を制したのは4頭だけ。1981年コーナンルビー、89年ロジータ、92年カシワズプリンセス、2011年クラーベセクレタに続けるか。


 京浜盃でアンモシエラと3/4馬身差の3着だったのがハビレ(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)だ。

 今年2月のヒヤシンスS(L)ではラムジェットの3着に好走した実力馬で、直後の1勝クラスを難なく勝ち上がり、京浜盃へと駒を進めた。同レースでは堂々の1番人気に推されたが、最初のコーナーで不利を受けて本来の実力を発揮できず。3着に敗れたが、大井の砂を経験できたことを生かしたい。

地方勢も少数精鋭


 4頭のJRA勢に対抗する地元南関東勢も同じく4頭が出走を予定している。

 ムットクルフェ(牡3歳、大井・的場直之厩舎)は、デビュー地の門別では「1-2-1-4」だったが、大井に転入後は「3-3-1-0」と成績安定。前走のクラシックチャレンジ(OP)を快勝してJRA勢に挑戦状をたたきつける。

 マッシャーブルム(牡3歳、大井・坂井英光厩舎)は、半兄に今年の阪急杯(G3)で2着したアサカラキングがいる血統馬。前走の京浜盃は逃げた分、目標にされてしまい6着に沈んだが、好位から進めれば上位進出のチャンスはある。

 ティントレット(牡3歳、大井・荒山勝徳厩舎)は京浜盃5着でマッシャーブルムに先着。直線でソラを使った分、上位勢からはやや離された。抜け出すタイミング次第では馬券に絡んでもおかしくはない。

 フロインフォッサル(牡3歳、船橋・山下貴之厩舎)は、雲取賞で5着に敗れたが、上がり3ハロンタイムはアマンテビアンコに次ぐメンバー2位をマークした。決め手勝負に持ち込んで、一発を狙う。

 以上のJRA・地方各4頭、計8頭の名前を全て挙げたが、前哨戦を見る限り、やはりJRA勢の優位は不動だろう。羽田盃は24日20時10分に発走を迎える。

【羽田盃(G1)展望】新ダート三冠初戦はJRA勢4頭×南関勢4頭が激突! 軸は川田将雅と初コンビ結成、白毛アマンテビアンコかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も