GJ > 競馬ニュース > 岩田望来騎手 急上昇のパートナーとG1前哨戦快勝!
NEW

岩田望来「まだまだ強くなる」急上昇のパートナーとG1前哨戦快勝! マスクトディーヴァ「降板」の苦い経験も…充実のラインナップでいざ本番へ

【この記事のキーワード】, ,
岩田望来「まだまだ強くなる」急上昇のパートナーとG1前哨戦快勝! マスクトディーヴァ「降板」の苦い経験も…充実のラインナップでいざ本番への画像1
コスタボニータ 撮影:Ruriko.I

コスタボニータが初重賞制覇!

 20日に行われた福島牝馬S(G3)は、岩田望来騎手が騎乗した1番人気コスタボニータ(牝5歳、栗東・杉山佳明厩舎)が優勝。キャリア17戦目で嬉しい初重賞勝利となった。

 人馬は最内枠からスタートを切ると、道中4番手のインを追走。終始内ラチ沿いの経済コースを通り最後の直線に向き、一旦は前が塞がるシーンも見られたが、外に持ち出して脚を伸ばすと最後は2着馬をクビ差でとらえた。

「岩田望騎手は『今日の馬場傾向から内が有利だと思いました』と振り返っていましたが、1枠1番を活かした思い描いた通りのレースができたのではないでしょうか。直線で進路を切り替えるロスがあっただけに着差以上に強い内容。コスタボニータはこれまでも重賞で好レースをしていましたが、ここにきていよいよ急上昇してきた感じです」(競馬誌ライター)

 テン乗りをものともせず勝利に導いた岩田望騎手はレース後、「レースセンスがとても良いし、一瞬の脚は素晴らしいものがある」「まだまだ強くなると思う」とパートナーを絶賛。2着フィールシンパシーに騎乗していた横山琉人騎手も「勝った馬が強かったです」と、勝者を褒め称えるしかなかった。

 この勝利でコスタボニータは、来月12日に開催されるヴィクトリアマイル(G1)の優先出走権を獲得。管理する杉山佳師は「馬の状態を確認してからですが、行きたいですね」と、本番へ意欲を示している。

 今回コスタボニータに騎乗した岩田望騎手は、この路線のお手馬に2連勝で中山牝馬S(G3)を制したコンクシェルもいる。どちらの馬とコンビを組むにせよ、強力なパートナーとともに本番に臨むこととなりそうだ。

岩田望来「まだまだ強くなる」急上昇のパートナーとG1前哨戦快勝! マスクトディーヴァ「降板」の苦い経験も…充実のラインナップでいざ本番への画像2
マスクトディーヴァ 撮影:Ruriko.I

 ちなみに今年のヴィクトリアマイルは、ステップレースの阪神牝馬S(G2)を1番人気で完勝したマスクトディーヴァが最有力候補となる見通しだ。

 同馬は引き続きJ.モレイラ騎手とのコンビで出走を予定しているが、元々は岩田望騎手のお手馬だった。

 岩田望騎手は昨年6月からマスクトディーヴァとコンビを組み、2戦目のローズS(G2)では後にエリザベス女王杯(G1)を制するブレイディヴェーグを寄せ付けずレコード勝ち。秋華賞(G1)では惜しくもリバティアイランドの2着に敗れたが、上がり3ハロン最速で三冠牝馬に1馬身差まで迫っており、負けてなお強しといった印象を持ったファンも少なくなかったに違いない。

「結果を出して、いい景色を見たい」と語っていたが…

 その後、マスクトディーヴァは休養を挟んで今年初戦に東京新聞杯(G3)を選択。岩田望騎手は『テレ東競馬チャンネル』の動画内で「結果を出して、いい景色を見たいと思います」と、ビッグタイトルを狙える同馬との今年初戦に対する期待を述べており、レースでは単勝1.9倍の圧倒的支持を集めた。

 しかし、ご存知の通りスタートで大きく遅れてしまい万事休す……。最後の直線では盛り返しを見せたものの、6着が精一杯だった。

 同騎手はレース後「僕の責任なので、また乗せてもらえるようならリベンジをしたいです」と、敗因が自身であることを認めて名誉挽回を誓ったが、その願いは届かずにコンビ解消。モレイラ騎手と新コンビを結成したマスクトディーヴァが阪神牝馬Sで東京新聞杯のうっぷんを晴らすような快勝を決めたのは先述の通りだ。

 そんな苦い降板も経験した岩田望騎手だが、ヴィクトリアマイルに向けてマスクトディーヴァにも引けを取らないようなお手馬が揃いつつある。果たして、本番でかつてのパートナー撃破となるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

岩田望来「まだまだ強くなる」急上昇のパートナーとG1前哨戦快勝! マスクトディーヴァ「降板」の苦い経験も…充実のラインナップでいざ本番へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”