GJ > 競馬ニュース > 羽田盃(G1)ダート革命に早くも失速の危機
NEW

羽田盃(G1)8頭立てに中央競馬と地方競馬の「温度差」浮彫り…3歳No.1フォーエバーヤング不在でも「敵前逃亡」続々、ダート革命に早くも失速の危機

【この記事のキーワード】, ,
羽田盃(G1)8頭立てに中央競馬と地方競馬の「温度差」浮彫り…3歳No.1フォーエバーヤング不在でも「敵前逃亡」続々、ダート革命に早くも失速の危機の画像1
撮影:Ruriko.I

ダート三冠の開幕戦・羽田盃(G1)は8頭立て…

 2024年の競馬の目玉の1つ、新設されたダート三冠の開幕戦・羽田盃(G1)が、いよいよ24日大井競馬場で行われる。

 長く日本競馬の主流は芝だったが、今春ウシュバテソーロがイクイノックスを上回り歴代賞金王に立つなど、近年はダートも世界トップレベルに到達。今では芝のレースに迫る盛況ぶりを見せている。

 そんな中、今年から誕生したのがダート三冠路線だ。羽田盃→東京ダービー→ジャパンダートクラシックへと続く従来の南関東三冠路線にJRA所属馬が合流。その記念すべき開幕戦となる羽田盃には、芝の桜花賞(G1)や皐月賞(G1)に負けない盛り上がりが期待されていた。

 ところが、いざ発表された出走馬はわずか8頭……。少数精鋭と言えば聞こえは良いかもしれないが、フルゲート16頭の半数というのは、いかにも寂しい状況と言わざるを得ない。

中央競馬と地方競馬の「温度差」

「今年の競馬の目玉として大きな盛り上がりが期待されたダート三冠ですが、厳しい船出となりました。

JRA勢は既定の4頭が出走し、そのすべてが優先出走権を獲得している馬と狭き門になりました。ですが逆に12頭の出走が認められている地方所属馬の回避が続出。京浜盃(G2)でJRA勢に7馬身差で圧勝した地元の雄サントノーレや、デビュー5連勝のダテノショウグンらが故障の影響により出走できない事情はありますが、それでもここまで揃わないとは……。

南関東三冠路線の中央(JRA)解放は、中央の競馬ファンとしては楽しみが増えた形になりますが、一方で一部のファンからは地元の馬の活躍の場が奪われるなど反対の声もありました。

ちなみに8頭立ては、レース創設の1956年以降でも1973年に並ぶ最少タイ(前身の大井盃含む)。主催者側も賞金増額を始め、3歳競走地方所属馬付加賞金を新設するなど出走を促す手は打ったのですが、まるでシカトのような状況になってしまいました」(競馬記者)

 記者が話す通り、1981年以降で羽田盃の出走馬が10頭を下回ったことは一度もない。昨年もデビュー3戦3勝のミックファイア(後の三冠馬)が出走していたが、16頭立てのフルゲートと変わらぬ賑わいを見せていた。

「こうなってくると、その意義を疑問視されるのがJRAと地方所属馬のそれぞれ上位3頭に与えられる東京ダービーの優先出走権ですね。(JRA勢は5着以内が条件)

仮にJRA勢が上位4着までを独占した場合、4着だった馬には優先出走権が付与されません。これは仕方ないにしても5着~7着の地方所属馬にも優先出走権が付与された場合、8頭立ての7着は、もうブービー……。もちろんルールなので誰が悪いというわけではないのですが、主催者側としては想定外の状況と言わざるを得ないでしょう」(同)

JRA枠の拡大を訴える声も

 ちなみに今年から東京ダービーの前哨戦となった27日のユニコーンS(G3)には、現段階でフルゲートを超える17頭の登録が想定されている。

 そういった背景もあって、ネット上のSNSなどでは、早くも来年以降のJRA枠の拡大が叫ばれている状況だ。一理ある意見だが、逆にその結果ますます地方所属馬の敬遠に繋がってしまう可能性もあり、それは当然JRAとNARにとって本意ではないはずだ。

「芝とダートを両輪とする日本競馬の発展を目指し、地方競馬が主体となってダート競走の体系整備を行うことといたしました」

 一昨年の11月、JRAとNARが手を取り合うことによって産声を上げたダート革命。その目玉となるはずだったダート三冠だが、今回で垣間見えた地方関係者と中央関係者の温度差だけでなく、サウジアラビアやUAE、そして日本の3歳ダートNo.1ホースであるフォーエバーヤングが出走する米国のクラシックなど、トップホースの海外流出の歯止めにもなっていないなど課題は山積みだ。

 いよいよ開幕を迎えるダート三冠だが、早くも窮地に立たされている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

羽田盃(G1)8頭立てに中央競馬と地方競馬の「温度差」浮彫り…3歳No.1フォーエバーヤング不在でも「敵前逃亡」続々、ダート革命に早くも失速の危機のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も