GJ > 競馬ニュース > 大躍進の「若手騎手」が日本ダービー初騎乗へ!
NEW

大躍進の「若手騎手」が日本ダービー初騎乗へ!「因縁」川田将雅ジャンタルマンタルはNHKマイルCへ…武豊シュガークンに迫る末脚で優先権獲得

【この記事のキーワード】, ,
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

ショウナンラプンタ&鮫島克駿騎手がダービー優先権獲得!

 27日に行われたダービートライアルの青葉賞(G2)。勝利した武豊騎手騎乗のシュガークンにはアタマ差で及ばなかったものの、2着で日本ダービー(G1)の優先出走権を獲得したのがショウナンラプンタ(牡3歳、栗東・高野友和厩舎)と鮫島克駿騎手のコンビだ。

 好位のインをスムーズに追走していたシュガークンに対し、ショウナンラプンタは馬群の外で口を割るなど、折り合いに苦労する場面も見られた。ただ最後の直線は外から鋭く脚を伸ばして勝ち馬とタイム差なしまで追い込み、負けてなお強しの印象を残した。

 鮫島駿騎手はレース後「あそこまで行ったら勝ちたかった」と悔しさを滲ませながらも「『最低限、ダービーへの権利を』と思っていたので、(権利を獲れたことは)良かったです」とコメントしており、大舞台の切符を掴んだことにひとまず安堵したようだ。

「(ショウナンラプンタを管理する)高野調教師もレース後に『走りが難しい馬』と話すなど、まだまだ課題の多い馬ですが、それでもゴール前で鋭い末脚を見せていたように能力を秘めていることは間違いありません。

勝ったシュガークンも強かったものの、日本ダービーに出走すれば今年5戦目とやや使い詰めなのが気がかり。むしろ同3戦目と余裕のあるローテーションで臨めるショウナンラプンタの方が面白い存在となるかもしれません」(競馬誌ライター)

 またショウナンラプンタのデビュー戦から手綱を取り続けている鮫島駿騎手は、本番でも続投が決まれば待望のダービー初騎乗になる。

 今年でデビュー10年目の節目を迎えた27歳の同騎手は、27日終了時点で41勝をマーク。キャリアハイのペースで勝ち星を積み上げ、全国リーディングでも5位に入る大躍進を遂げているが、これまでG1レースを勝利した経験はない。

 昨年の天皇賞・春(G1)を勝ったジャスティンパレスや、スプリンターズS(G1)覇者ママコチャなど、元お手馬が乗り替わった後にG1を勝利するシーンも目立っており、昨年12月に鮫島駿騎手から川田将雅騎手に乗り替わりで朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ったジャンタルマンタルもそんな1頭だ。

同じ高野厩舎のジャンタルマンタルで乗り替わりに…

ジャンタルマンタルと川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I
ジャンタルマンタルと川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 鮫島駿騎手は新馬とデイリー杯2歳S(G2)で2連勝に導き「この馬と必ず大きいところを獲る気持ち」とジャンタルマンタルへの期待を語っていたものの、朝日杯FSでは川田騎手にスイッチとなってしまった。

 そんな悔しい経験もした鮫島駿騎手だが、かつての相棒と同厩舎のショウナンラプンタでダービーの優先チケットを掴んだことは、何かしら運命めいたものが感じられる。

「鮫島駿騎手はもう1頭のお手馬インザモーメントが、来月4日の京都新聞杯(G2)に出走予定。ダービーの騎乗馬に関する最終結論的なものは、来週の結果次第となるかもしれませんね。

ちなみに因縁のジャンタルマンタルと川田騎手のコンビは、NHKマイルC(G1)に出走を予定しているため、ダービーでぶつかることはなさそう。これは余談ですが、同馬がマイル路線に進むこともあり、川田騎手は現時点でダービーの騎乗馬が決まっていないみたいです」(同)

 いずれにせよ、日本ダービー初騎乗が見えてきた鮫島駿騎手。これまで経験した悔しさを糧に、競馬の祭典でその手腕を見せつけたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

大躍進の「若手騎手」が日本ダービー初騎乗へ!「因縁」川田将雅ジャンタルマンタルはNHKマイルCへ…武豊シュガークンに迫る末脚で優先権獲得のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題