GJ > 麻雀ニュース > 「闘う集団」KONAMI
NEW

麻雀Mリーグ「闘う集団」KONAMI麻雀格闘倶楽部が急上昇!? “シナリオ通り”の「大逆転優勝へ」佐々木寿人×高宮まり×前原雄大スペシャル対談

【この記事のキーワード】, , , ,
麻雀Mリーグ「闘う集団」KONAMI麻雀格闘倶楽部が急上昇!? シナリオ通りの「大逆転優勝へ」佐々木寿人×高宮まり×前原雄大スペシャル対談の画像1KONAMI麻雀格闘倶楽部のメンバーが登場

 麻雀Mリーグが開幕して早1カ月半(取材時点)。ここまでリーグを牽引している渋谷ABEMASを筆頭に各チームが激しい首位争いを繰り広げているが、唯一”蚊帳の外”に置かれているのが最下位に沈んでいる『KONAMI麻雀格闘倶楽部』だ。

 開幕直後からマイナスを重ねると、最初の1カ月は「最下位が定位置」という最悪の状況で過ぎて行った。早くも優勝戦線から大きく離され、1チームだけが取り残されたような状態……。

 だが、その一方でチームは底抜けに明るい。一体、「何」が彼らをそうさせるのだろうか。

 そこで今回、我々『麻ch.』編集部は日本プロ麻雀連盟が誇る佐々木寿人、高宮まり、前原雄大がチームを組んだ「闘う集団」KONAMI麻雀格闘倶楽部に取材を行った。(敬称略)

――まずは今回、苦しいチーム事情の中で取材を受けて頂いてありがとうございます。

前原雄大プロ(以下、前原):確かにチームは最下位(収録時)ですけど、全然ウェルカム。我々はネガティブな方向には行かないので。

――そう言って頂けると何より。今のチームの雰囲気は如何ですか?

前原:めちゃめちゃ良いですよ。今もう追い風がビュンビュン来てる感じで。もう「苦しい時期を乗り越えたな」と。やっぱり寿人の4連投でトップを獲ってから変わりましたね。ウチのエースは寿人ですから。

麻雀Mリーグ「闘う集団」KONAMI麻雀格闘倶楽部が急上昇!? シナリオ通りの「大逆転優勝へ」佐々木寿人×高宮まり×前原雄大スペシャル対談の画像2前原雄大プロ

佐々木寿人プロ(以下、寿人):まあ、僕個人も序盤はちょっと調子が良くなかったんですけど波は誰にでもあるし、打ち方をそんなに変えることもなかった。まだ序盤でしたし、長い目で見て、落ち込むこともなくチャンスを待っていた感じですかね。

――非常に注目度の高いMリーグで、チームのドラ1というプレッシャーもあった。

寿人:うーん、どうなんでしょう。プレッシャーや責任感みたいなものは、もちろん今もありますよ。ただ、プレッシャーは感じていますけど、そこでどうなるかは別の話。打つ麻雀に関してはそんなに変えられるものでもないですし、打ち方がブレるのが一番ダメですから。自分らしさを出して行けば「いつか成績もついて来るだろう」と。

麻雀Mリーグ「闘う集団」KONAMI麻雀格闘倶楽部が急上昇!? “シナリオ通り”の「大逆転優勝へ」佐々木寿人×高宮まり×前原雄大スペシャル対談のページです。GJは、麻雀、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  2. 麻雀Mリーグ『U-NEXT Pirates』は勝って”魅せる”! 登録470万を誇る「ネット麻雀界の覇者」小林剛×朝倉康心×石橋伸洋スペシャル対談
  3. 京大卒プロ雀士・松嶋桃に直撃インタビュー!! 「美人雀士」にして「クイズ女王」が見据える麻雀への「想い」とは
  4. 松本吉弘「麻雀界が揺れた」奇跡の大抜擢から半年……”負けて当然の若手”だからこそ「絶対に負けられない」理由【RTDリーグ2018インタビュー】
  5. 鈴木たろうがMリーグ「ドラフト当確」と語るのはアノ人!? 超危険牌を平気で押せる「ゼウスの選択」の神髄とは
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  8. 萩原聖人『Mリーグ』に懸ける「覚悟」を激白! 10月1日の歴史的開幕に向け、最大のライバルは「世の中」【特別インタビュー】
  9. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  10. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  11. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】