GJ > 麻雀ニュース > 「予想」皐月賞(G1)多井隆晴
NEW

皐月賞(G1)サートゥルナーリア「凱旋門賞」至上命令!? 麻雀界のカリスマ多井隆晴がクラシック第一弾をぶった斬る!!

【この記事のキーワード】, , ,
皐月賞(G1)サートゥルナーリア「凱旋門賞」至上命令!? 麻雀界のカリスマ多井隆晴がクラシック第一弾をぶった斬る!!の画像1フェブラリーS「的中」からの連勝なるか!?

 かつてないほど麻雀界が注目された『Mリーグ』(Abema.TV)も閉幕し、いよいよ春競馬の真っ盛り。激闘を終えた『渋谷ABEMAS』の多井隆晴(RMU)が再び競馬の世界に帰ってきた。

 14日に中山競馬場で開催される今年の皐月賞(G1)は、サートゥルナーリアが中心ながら未対戦の馬も多く、非常に難解な一戦になりそうだ。

 前回予想のフェブラリーS(G1)を『◎』ゴールドドリームと『▲』インティで見事的中させた麻雀界のカリスマが、混戦のクラシック第一弾をどう斬るのか!? 大胆不敵な予想インタビューが幕を開ける。(敬称略)

――まずはMリーグの個人優勝おめでとうございます!

多井隆晴選手(以下、多井):ありがとうございます! チームでも優勝したかったですけど……相手が強かったです。競馬の方は、いよいよ皐月賞ですねー。クラシック開幕!!

――今年の皐月賞は何と言っても、三冠候補のサートゥルナーリアに大きな注目が集まっていますが、多井さんの評価はいかがですか?

多井:先週の桜花賞(G1)のグランアレグリアも見ましたけど、もはや4カ月ぶりくらいはマイナスにならないと思いますね。もう、休み明けがうんぬん言う時代じゃないのかと。新馬戦から2戦目までも4カ月開いてますし、むしろ間隔を開けたほうがいい可能性もありますよ。

――と、いうことは?

多井:はい。自信の「◎」です!

今のところ負けなしですし、僕の中では「馬券から外れることはなさそう」な気がしますね。普通に走れば春の2つ(皐月賞、日本ダービー)は勝っちゃうかも。僕が情報源にしている方が「めちゃくちゃ強い」っていうんですよ。

「また、ルメールかい!(前回もルメール騎手が本命だった)」ってなりますけど、前走のホープフルS(G1)も2番手で折り合って、上がり3ハロン最速タイで完勝。ちょっとモノが違うんじゃないですか。ケガさえなければ「引退するまでにG1を3つ、4つ獲れるんじゃないか」と思いますね。

――かなりの信頼度ですね! 逆にサートゥルナーリアを負かせそうな馬は?

皐月賞(G1)サートゥルナーリア「凱旋門賞」至上命令!? 麻雀界のカリスマ多井隆晴がクラシック第一弾をぶった斬る!!のページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  2. 京大卒プロ雀士・松嶋桃に直撃インタビュー!! 「美人雀士」にして「クイズ女王」が見据える麻雀への「想い」とは
  3. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  4. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  5. Mリーグ多井隆晴「どうやったら彼女できんの?」を白鳥翔がメッタ斬り!? 「とりあえず○○をやめなさい!」【渋谷ABEMAS対談インタビュー】
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  8. 多井隆晴が「藤田晋ロス」に悲痛の叫び!? 初代王者が大苦戦を強いられた「ラスなし記録の罠」とは【RTDリーグ2018インタビュー】
  9. Mリーグ赤坂ドリブンズ「逆転セミファイナル進出」への思い激白!「大進化」を振り返る丸山奏子、村上淳は復活のカギは「東家」? 副露王・園田賢が「声を大にして言いたい」こと
  10. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  11. フェブラリーS「絶好調」多井隆晴が大予言! 渋谷ABEMAS「若きカリスマ」松本吉弘も参戦の”渋谷系”大本命とは?