GJ > 麻雀ニュース > 【宝塚記念予想】多井VS河野
NEW

JRA宝塚記念(G1)リスグラシュー「D.レーン」で大激論!?「絶対買わない!」多井隆晴VS「18万馬券的中」河野高志が麻雀界最強を懸け全面対決!!

【この記事のキーワード】, , ,
JRA宝塚記念(G1)リスグラシュー「D.レーン」で大激論!?「絶対買わない!」多井隆晴VS「18万馬券的中」河野高志が麻雀界最強を懸け全面対決!!の画像1ついに実現した多井VS河野!RMU……そして麻雀界最強の「競馬達人」激突!!

 麻雀界のカリスマ多井隆晴にとって「競馬界参戦」の足掛かりとなった本企画が誕生して早1年。麻雀『Mリーグ』(AbemaTV他)誕生をきっかけに、さらにステップアップした最速最強男は今春『競馬場の達人』に出演し、ついにグリーンチャンネル進出を果たした。

 そこで今回は1周年企画として多井の「原点」に回帰。今やMリーグ「渋谷ABEMASの多井隆晴」だが、その原点は所属団体『RMU』。

 そしてRMUの「競馬の達人」といえば、団体旗揚げの一人・河野高志に他ならない。今春のオークス(G1)では独自の予想で三連単17万9960円をゲット。その実力を如何なく見せつけている。

「一度、予想対決したいと思ってたんですよ!」(多井)

「あなた最近、競馬詳しくなったねえ(笑)」(河野)

 果たして、RMU……いや、麻雀界最強の「競馬の達人」は誰なのか。企画誕生からちょうど1年。2度目のグランプリ・宝塚記念(G1)の予想対決が幕を開けた。(敬称略)

――よろしくお願いします! 本企画は今回で1周年を迎えました!!

河野高志プロ(以下、河野):よろしくお願いします!

多井隆晴プロ(以下、多井):もう1年か。早いですねー。今回もよろしくお願いします!

――多井さんが出演される『競馬場の達人』の放送が7月7日(日)に決まったそうで。収録はいつだったんですか?

多井:オークス(G1)の週ですね。麻雀界を代表して、盛大に腕振ってきましたよ!「最高記録」作ってきましたから、楽しみにしててください!

――それは見逃せませんね! そして日頃からプライベートで馬券を買われている河野さんは、そのオークスで12番人気のカレンブーケドールを押さえて三連単を的中させたとか! 18万馬券くらいでしたよね?

河野:クロノジェネシス(2番人気)が軸だったので、そこまで大きな顔はできませんけど。僕はいつも本命を軸にして、三連単マルチ相手6頭の90点で勝負するスタイルですね。点数が多い分、トリガミもありますけど、オークスみたいな大荒れになっても割と拾えるんです。

――当たっているだけに説得力があります。ということは、今回の宝塚記念でも……。

JRA宝塚記念(G1)リスグラシュー「D.レーン」で大激論!?「絶対買わない!」多井隆晴VS「18万馬券的中」河野高志が麻雀界最強を懸け全面対決!!のページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 多井隆晴が『多井熱』で語る麻雀界の真実。最強プロが見た「地獄」本当に怖いのは……プロ2000人全員「勘違い」と襲来するブーム終焉の時
  2. JRA天皇賞・秋(G1)「影の実力者」ミッキーロケットで明暗!?「最速最強」多井隆晴VS「ゼウスの選択」鈴木たろうが激アツ予想対決!!
  3. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  4. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  5. 最年少Mリーガー松本吉弘「僕がMリーグの個人1位になれる」の真意……初著書で語られた「麻雀界の藤井聡太」の軌跡【書籍発売記念インタビュー】
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  8. 麻雀Mリーグ「初代王者」は『渋谷ABEMAS』が頂く!? 多井隆晴×白鳥翔×松本吉弘スペシャル対談
  9. JRAジャパンC(G1)ユーキャンスマイルぶった斬り勝負!?「最速最強マルチ雀士」多井隆晴VS「メモ魔なリーチ超人」村上淳が初の予想対決!
  10. 麻雀RTDリーグ2018【展望】「大本命」佐々木寿人VS「前王者」平賀聡彦に「女流アマゾネス」和久津晶が挑む!激戦必至の『WHITE DIVISION』編
  11. パチスロライター木村魚拓×麻雀Mリーガー滝沢和典が飲み談義!? 「じゃあ、飲みながらで!」業界トップランナーの“ぶっちゃけトーク”【Mリーグ開幕直前インタビュー】