GJ > 麻雀ニュース > 『RTD』20回戦「神回」
NEW

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのは

【この記事のキーワード】, ,
『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはの画像1※画像は『AbemaTV』から

 2日に新規放送再開となった『RTDリーグ2018』(AbemaTV)の『WHITE DIVISION』。麻雀界のトップオブトップが集結する業界最高峰の長期リーグ戦で、この日に行われた第20回戦が視聴者の間で「神回」だったと大きな反響を呼んでいる。

 前回の19回戦でトップに立った佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、2位の鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)を追う、3位の石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、4位の勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、5位の平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして8位の最下位に沈んでいる猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)の4人で始まった20回戦。

 全54回戦という長期戦のRTDリーグも、約1/3を消化して中盤戦に突入。この20回戦は、虎視眈々と上位進出を目指す3人に対して、現在-326.3ポイントで断トツの最下位に沈んでいる猿川がどう巻き返すのかが、最大の注目点だった。

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはの画像2※画像は『AbemaTV』から

 中盤戦入り口とはいえ、今シーズンから最下位には「無条件」での次回出場停止処分があるRTDリーグ。最下位脱出には非常に大きな意味があるが、7位の鈴木達也(日本プロ麻雀協会)とも200ポイント近い差をつけられている猿川からすれば、すでに崖っぷちの状況……。起家となる親番で、なんとしてもアドバンテージを築きたかったが、無情にも石橋が5200点あがりで、まずは主導権を握る。

 次に見せ場を作ったのが、前シーズン王者の平賀だった。持ち前のリーチの応酬で場を支配すると、東4局の親番で連続あがりをゲット。石橋も必死に食い下がるが、みるみる内に5万点を超える点棒を積み重ねる。猿川、勝又はただただ耐える他なかった。

 その後、猿川がなんとか満貫(8000点)をものにして南入。とはいえ、平賀の点数は53300点。22900点の2位石橋との差は大きく、半ば大勢をが決したような状況だった。

『RTDリーグ2018』20回戦が「神回」と話題沸騰! 帝王・佐々木寿人が言葉を失う中「奇跡の逆転」トップを決めたのはのページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  2. JRA 日本ダービー(G1)多井隆晴「◎」エフフォーリアも、涙の「ドゥラメンテ愛」崩壊!?『ウマ娘』ドハマり中の最強Mリーガーが出した結論とは
  3. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  4. 【小島武夫さん追悼企画】トップ女流プロ・二階堂姉妹が語る「ミスター麻雀」とは…… 「豪快エピソード」「実は〇〇派」意外な真実が明らかに
  5. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. JRA菊花賞(G1)大本命ヴェロックスに勝利なし!? 渋谷ABEMAS多井隆晴VS松本吉弘が三連単「ガチ万馬券」トークバトル!
  8. 8月だョ!渋谷ABEMAS全員集合!! 「新加入」日向藍子登場に、キャプテン多井「Mリーグ開幕戦行ってみる?」【渋谷ABEMASインタビュー】
  9. 麻雀Mリーグ・萩原聖人は来シーズンも「魅せて」勝つ! 麻雀界のレジェンドだけが辿り着いた境地「僕は、そこに挑みたい」【特別インタビュー】
  10. Mリーグ「新生」KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎を渋谷ABEMAS白鳥翔が直撃! 「あのロゴ、やっべええ!!」魔法少女が憧れる最強の「情報発信力」【Mリーグ場外対談】
  11. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】