GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符
NEW

【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符

【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符の画像1
マルホン工業HPより

 CR機全盛の1995年に登場し、遊びやすくも一撃が狙えるゲーム性でロングヒットを記録したマルホン工業の『ファンキードクター』。あれから29年後、待ちに待った続編『Pファンキードクター 悪魔12000ver.』が登場する。

RUSHへブチ込めれば一撃12,000個!

 2024年3月4日のホール導入を予定している本機の大当り確率は、甘デジよりも軽い約69.4分の1。初当り時の94%は2R約300個の出玉で終了するものの、6%を引き当てた際は10R約1,500個の出玉獲得後にRUSHへ突入する。

 このRUSHは継続率100%の7回リミットタイプで、以降、10R約1,500個×7回が確定。つまり、ひとたびRUSHへブチ込めれば初当りを含めて計約12,000個の出玉が払い出される仕組みだ。

【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符の画像2
マルホン工業公式チャンネルより

「どうやって試験に通ったのかな?というのが、ちょっと謎」

 まさしく悪魔的一撃性能。既に多くのオールドファンが反応しており、ベテランライターの大崎一万発氏もその一人なのだが、大崎氏は自身のYouTube「まんぱつ」内の動画にて、本機のスペックについて指摘。なぜなら本機は、初代のまったりした時短とは異なり、約12,000個分の大当りを「約12分」で消化できるスピーディーさも併せ持っているからだ。

 これについて、大崎氏は「こんな突発的に吹き上がる機械っていうのは、保通協の試験において(通るのか)」と疑問符。番組スタッフも、「これ『どうやって通ったのかな?』というのが、ちょっと謎に思ってる」と同意した。

 2人が着目した点は試験項目のひとつである「短期出玉」で、番組スタッフ曰く「試射試験で10時間の間に1回でも(約12,000個が)出ると、おそらく不適合になるはず」。「1回もRUSHに入らなかったんだろうな」と予想した一方、「入らない=1回も時短状態に入ってないんで、そうなると、どうなるんだろうなとは思ってます」と続けた。

 となると、「なにか時短に入らないRUSHがあるとか、そういうものを入れて(保通協を)通しているんじゃないかな」とは番組スタッフの推察。大崎氏の「そんなのありなの?」とのツッコミには「あると思います」とし、「あくまでも予想」と前置きの後、「最近の台でもよくありますけど、『時短なんだけど時短状態じゃない』とか。その状態を持つことで、時短状態というのは試験の中で1度出てきているので、そこでクリアするとか、そういうことなのかなとは思います」と私見を述べた。

「この性能を作り出したいから、マルホンさんがいろんなアイデアを詰め込んでいるのは確実」。その後、番組スタッフは「3段クルーンの『天龍(∞)』とか、表面は一番最後の手前に入れば大当りですけど、中身は工夫がされている」など、同社のマシンを高評価。「今回も、ものすごいアイデアマンの方がいて、実現させているんじゃないか」とし、この意見については大崎氏も「頑張ったってことは伝わってくるということね、専門的な見方をすると」と納得の様子だった。
 
 これを受け、まんぱつ的な新台評価は「B」。番組スタッフは「期待感を込めてB+」とし、「トップの稼働を取るのは難しいと思うんですけど、帰り際とか、散々負けた後とかに一発逆転を狙いたいスペック」「未練打ちみたいな感じ」と説明した。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合