GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 最高機械割「600%」の激ヤバ改造機も!?
NEW

最高機械割「600%」の激ヤバ改造機も!? 1号機時代を代表する名機が4号機で復活【パチスロ名機列伝】

『トロピカーナ』ユニバーサルエンターテインメントHPより
『トロピカーナ』ユニバーサルエンターテインメントHPより

 青函トンネルが貫通し、阪神タイガースが初の日本一に輝いた1985年、パチスロは新風営法の施行により、1号機へと移行した。これに伴い、ユニバーサルはメーシー販売と瑞穂製作所をグループ化。さらなるシェア拡大を目指した。

 メーシー販売は1号機として『トロピカーナ7』、1.5号機として『トロピカーナ7X』を製造。中でも、確率抽選方式ながらも天井を搭載した『トロピカーナ7X』は高い人気を誇り、独特なフラグ告知「遅れ」や、「チェリー合わせ」「480枚抜き」「BAR回し」「設定判別」といった数々の攻略法発覚も相まって、今なお多くのオールドファンたちに語り継がれている。

ユニバーサル4号機第1弾としてデビュー

 4号機黎明期の1993年5月に登場した『トロピカーナ』は、そんな名機の名を受け継いだ同社の4号機第1弾。最大の特徴はビッグ中のJACゲームを「2回」までに抑えた「Bタイプ」である点で、そのビッグ出現率は設定1で186.1分の1、設定6ともなれば131.0分の1という、当時としては破格の数値を実現した。

 また、REGは非搭載で、シングルボーナスは全設定共通1260.3分の1。シングルボーナスの集中役もなく、純増250枚ほどのビッグのみで出玉を増やす、非常にシンプルでスピーディーな仕様だ。

 リーチ目は左リール「7・リプレイ・プラム」停止からの中段リプレイテンパイといった2確目などがあるものの、基本的には完全告知タイプ。第3ボタン停止後、センターラインに光が駆け抜ければビッグ確定で、リール右にあるランプでも告知が行われる。ただし、このランプは配線を切ることで非点灯とするホールも少なくなかった。

一部地域で裏モノが出現。その最高機械割は…

 押し寄せるビッグの連打。ヒキ次第では一撃で1,000枚以上を吐き出すこともあり、その高揚感は筆舌に尽くしがたいものがあったが、後には一部地域で裏モノが出現。最高機械割「600%」とも言われる常軌を逸した爆裂性でファンを驚かせた。

 なお、同年の11月には兄弟機として『クラブトロピカーナ』が登場。こちらは通常時の小役払い出し率を抑えることにより、設定1:184.0分の1~設定6:124.0分の1と、さらにビッグ出現率が高められている。告知やリーチ目などの変更点はない。

『トロピカーナ』
■ビッグ
〇設定1:186.1分の1
〇設定2:178.0分の1
〇設定3:168.9分の1
〇設定4:159.0分の1
〇設定5:147.6分の1
〇設定6:131.0分の1

■シングル
〇全設定共通:1260.3分の1

■機械割
〇設定1:94.0%
〇設定2:95.9%
〇設定3:98.1%
〇設定4:100.8%
〇設定5:104.3%
〇設定6:110.3%

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

最高機械割「600%」の激ヤバ改造機も!? 1号機時代を代表する名機が4号機で復活【パチスロ名機列伝】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合