GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 山佐が創造した”パチスロ初もの”とは?
NEW

スロット史上初の「タイアップ機」「ゲチェナでリーチ目」等々…山佐が創造した”パチスロ初もの”とは?

【この記事のキーワード】, , ,
パチスロ イメージ画像
パチスロ イメージ画像

 パチスロの気になるあれこれを解説する、パチスロ系YouTubeチャンネル「ぱち馬鹿っ!!」内の人気企画「今さら聞けないシリーズ」。先日は、新作動画として「【山佐特集】パチスロ業界を変えた史上初のものたち」がアップされた。ナビゲーターはレジェンドライター・アニマルかつみ氏が務めている。

右からのリール回転を初採用

 当動画では、2号機から4号機初期のものをピックアップ。最初に触れたのは、2-2号機『ビッグパルサー』だった。

 本機は初めて右からのリール回転を採用しており、これにより、ウエイトのわずらわしさを視覚的に解消。今ではほぼ全てのマシンが搭載している第3ボタンを離すまで「動作停止」機能、目玉を付けたキャラ的な小役絵柄も史上初だった。

初の「ビッグ後のフルーツゲーム」を装備

 みなし機として撤去されるまで多くのファンに愛され続けた3-1号機『スーパープラネット』は、初の「ビッグ後のフルーツゲーム」を装備。リセット後及びビッグ終了後は例外なく小役高確率状態からスタートする仕組みで、低確率への移行は抽選で行われていた。

初の「キャラクタービッグ絵柄」を採用

 23万台の売り上げを記録した同社の4号機第1弾『ニューパルサー』は、初の「キャラクタービッグ絵柄」を採用したことでお馴染み。そのカエル絵柄と7絵柄、どちらを揃えるかによって入賞時のファンファーレが変化する機能も本機が初で、右リール下段チェリー付き7絵柄停止、通称「ゲチェナ」でリーチ目となるのも初めての試みだった。

 ちなみに、この「ゲチェナ」はアニマルかつみ氏が命名。アニマルかつみ氏によると、同社の『コングダム』デビュー時に、「勢いで言っちゃったみたいな感じ」なのだそうだ。

 また、チェリー付きボーナス絵柄でリーチ目という型も本機が初めて。これにより、初心者でもボーナスフラグを察知しやすくなった。

パチスロ史上初のタイアップ機

 同社の4号機第4弾『ピンクパンサー』は、その名の通り、海外の同名アニメをフィーチャーした、パチスロ史上初のタイアップ機。『ニューパルサー』の直系後継機『ワイワイパルサー2』は初めて「特定絵柄枠内規定数以上でリーチ目」となるマシンで、全リールにチェリーが4個以上停止し、尚且つ小役が揃わなければボーナスが約束された。

史上初のLEDランプを搭載

 史上初のLEDランプを搭載した『ターボ1000』、それとほぼ同時期にデビューした『スピード』は、初めてビッグ確率を全設定共通(240.9分の1)としたマシンで有名。左リール3連小役絵柄も本機が初で、これまでの出目演出にスパイスを加えた。

 このほか、当動画では『タムタムA』『ソンナカバナ』『シーマスターX』なども取り上げている。一体、どんな初ものが組み込まれているのか。気になる方は、是非ともご自身で確かめていただきたい。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

スロット史上初の「タイアップ機」「ゲチェナでリーチ目」等々…山佐が創造した”パチスロ初もの”とは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合