GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 4号機ストック機時代~『シェイク~』
NEW

大人気パチスロ『番長』シリーズの原点!?「711枚のビッグ1G連」が狙える大量獲得ストック機【4号機ストック機時代】

『押忍!番長4』大都技研公式サイトより
『押忍!番長4』大都技研公式サイトより

 特訓からの対決勝利でボーナスorAT確定。「頂RISE」と呼ばれる1G純増約2.7枚のAT中も対決勝利が継続のカギを握り、エンディング到達などの特定条件を満たした場合は「頂RISEUP」によるループが狙える。

 4月22日に導入を開始し、既に各所で万枚を多発させている大都技研の『押忍!番長4』は、5号機時代の名機『押忍!番長3』のゲーム性を色濃く継承。その初代である4号機『押忍!番長』が『吉宗』の流れを汲んでいることは周知の通りで、その『吉宗』は『シェイク』を発展的に進化させたマシンである。

4号機ストック機時代~『シェイク~』

『シェイク~』筐体画像&機種特徴 大都技研公式サイトより
『シェイク~』筐体画像&機種特徴 大都技研公式サイトより

 2002年にデビューした『シェイク』は、同社としては初めて液晶モニターを搭載。当選したボーナスは内部的に貯蓄される大量獲得タイプのストック機で、ボーナスは主に規定RTゲーム数消化で放出される。

 その規定RTゲーム数到達の前兆的な役割を担うのが、30G継続の「高確率ゾーン」。この間は背景色やパーセント演出、爆弾演出などで期待度が示唆され、背景色は青→黄→緑→赤と変化するほど、パーセント演出は高い数値が表示されるほどチャンスを迎える。

■一撃5,000枚も日常茶飯事

 シフト持ち越し機能が採用されたビッグ中は、液晶のナビに従って押し順を変えるだけで、ほぼ毎回711枚の獲得が見込める。しかも、ビッグ中のビッグ絵柄揃い(スイカ成立)、パンク、JACハズレ…のいずれかの条件を満たした場合はビッグ1G連(ストック保有時)が約束されるといった特徴もある。

 もちろん、ビッグ1G連に当選せずとも連チャンの可能性はあり、ビッグ消化後は256G、REG消化後は192Gまでに高い割合でボーナスに当選。一撃で5,000枚以上吐き出すことも日常茶飯事だった一方、ビッグ消化後は2,500G、REG消化後は1,500Gと天井は非常に深く、終日で10万円以上負けることも珍しくなかった。

■『吉宗』や『番長』へ継承された要素

 ちなみに、ビッグ中のBGMは3種類の中からチョイスでき、この機能は711枚タイプのボーナス1G連と共に、史上初の試みだった。

 こういった要素は以降、『吉宗』や『番長』へと受け継がれており、まさしく現在の大都技研マシン、その礎を築いた歴史的タイトルと言っても過言ではないだろう。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

大人気パチスロ『番長』シリーズの原点!?「711枚のビッグ1G連」が狙える大量獲得ストック機【4号機ストック機時代】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合