GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコ「10万発超え」殺到
NEW

パチンコ「10万発超え」殺到で”超激アツ”時代再び……? 一撃「80万円超え」怪物スペックで「激戦」勃発?

【この記事のキーワード】, ,
パチンコ「10万発超え」殺到で超激アツ時代再び......? 一撃「80万超え」怪物スペックで「激戦」勃発?の画像1

 先日、パチンコメーカー豊丸が新規則機第一弾となる『PAナナシーDXII 88GO』の公式リリースを発表。規則改正後初となる「正式発表」に業界内外から安堵の声が上がっている。

 スペックはこれまでのシリーズを踏襲した「一般電役」タイプ。大当たり確率は1/88.92、(DXスタート・GOチャッカ―通過時は1/65.54)で、獲得出玉は約972発と非常に遊びやすい仕様となっている。出玉規制後も『ナナシー』らしさを存分に楽しめるに違いないだろう。

 そんな業界の先端を行く豊丸といえば、際立った機種開発を行う”名物メーカー”として知られている。

 異例のコラボを果たした食べ物シリーズ第一弾『餃子の王将』を筆頭に、謎のセグパチンコ『デラマイッタ』、江戸を舞台にした変則スペック機『悪代官』など、スペックのみならず扱うコンテンツも特徴的だ。

 業界全体が知名度ある版権に依存するなか、オリジナルコンテンツを主軸としている同社。コアなファン層からの支持率は非常に高い。

 そして今月、食べ物シリーズ第二弾となる『CR今日もカツ丼』がデビューを果たした。『ナナシー』と「1発台」を融合させたスペックで、「右へ落ちれば大当たり」「左へ落ちればハズレ」という、玉の動きを演出する「シーソー役物」が本機最大の魅力だ。

 さらに、大当り時の獲得出玉は「約4300発」と豊丸らしい一撃出玉に長けた仕様。登場前から熱い視線が注がれていたが……。

 デビューしてまだ間もないが、すでにホールは”鉄火場”となっているようだ。ユニークなコンテンツとは裏腹に「強烈すぎる出玉性能」が大きな注目を集めている。

「遊技したユーザーから早速、本機の『ヤバすぎる』性能が話題になっています。一般的なデジパチでは極めて難しい『10万発超え』が相次いでおり、あまりにも”甘い”ということで『今日もカツ丼』を打つためお客さんが殺到しているようですね。なかには、稼働をストップさせたホールもあるみたいですよ。

当然、ホールサイドの”やる気”に大きく関わる仕様ですが、それが噛み合ったときの『出玉感』は相当なものでしょう。『一発台風スペック』の人気は高まるばかりです」(記者)

 一昨年デビューを飾った『天下一閃』を筆頭に、3段クルーンが特徴の『天龍』『RAIZINMAN』など、液晶機では味わえない「玉の動き」「一撃出玉」が魅力の「一発台パチンコ」。

 なかでも『RAIZINMAN』は一発台に「連チャン性能」を搭載したスペックとなっており、連日「10万発」、珍しいケースでは「20万発」を超える猛者も現れるなど、その過熱ぶりは日々高まっている状況だ。

「豪華な役物」「派手な液晶演出」が現行パチンコの基本形となるなかで、客層の窓口が狭い「一発台」が主流となる日は見られそうにないが……異常な「出玉性能」がさらに話題を呼び、これまで以上に盛り上がりそうな気配だ。古きよき「一発台」から目を離せない。
(文=編集部)

パチンコ「10万発超え」殺到で”超激アツ”時代再び……? 一撃「80万円超え」怪物スペックで「激戦」勃発?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチマックス
  • 総合