GJ > 競馬ニュース > 「伝説の有馬記念」
NEW

C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語る

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語るの画像1

 今年も年末24日には、国民的レース有馬記念(G1)が中山競馬場で開催される。

 世界一馬券が売れるレースとして1996年には1レースだけで875億円を売り上げ、ギネス記録にもなった有馬記念。主催するJRAとしても最大のかき入れ時で、公式サイトでは早くもM.デムーロ騎手×C.ルメール騎手による「スペシャル対談企画」が掲載されている。

 異国のトップジョッキーからJRA騎手に転身して約3年。今年の競馬は、まさに「春のルメール」「秋のデムーロ」といった具合に、この2人を中心に流れたと述べても過言ではない。そんな2人が日本最大の競馬イベント有馬記念に対する思いを語った今回の対談企画は、競馬ファンなら必見の内容である。

 中でも印象的だったのは、ルメール騎手が無敗の三冠馬として国民的な人気を博していたディープインパクトを打ち負かした2005年の有馬記念の思い出を振り返ったシーンだ。

 当時、競馬界を代表するカリスマ武豊騎手とのコンビで、デビューからクラシック三冠を含む破竹の7連勝を上げ、その活躍が社会現象にもなったディープインパクト。レース当日の中山競馬場には、そんな「近代競馬の結晶」を一目見ようと前年比129.6%にあたる16万2409人もの大観衆が詰めかけた。

 事前のファン投票でも16万297票とぶっちぎりの支持を得ていたディープインパクト。やや投票形式が異なるものの、これが引退レースとなる今年のキタサンブラックでさえ12万4641票なのだから、その異常な人気ぶりがうかがえる。

 今回が古馬との初対決となるため単勝オッズこそ自己最高の1.3倍に留まったが、大多数の競馬ファンだけでなく、当時の有馬記念を特集するメディアさえも「ディープインパクトが勝つ」ことを信じて疑っていない空気が醸し出されていた。

 その一方で、ルメール騎手のハーツクライは、もがき続けていた。

C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材