GJ > 競馬ニュース > 「こんなに走る子なんだね」武豊も驚いた初コンタクト! キズナとクロフネも後押し、「色気あり」コメントに最高のバックアップは週末の雨?
NEW

JRA「こんなに走る子なんだね」武豊も驚いた初コンタクト! キズナとクロフネも後押し、「色気あり」コメントに最高のバックアップは週末の雨?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「こんなに走る子なんだね」武豊も驚いた初コンタクト! キズナとクロフネも後押し、「色気あり」コメントに最高のバックアップは週末の雨?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 フェブラリーS(G1)の前日19日、阪神競馬場では京都牝馬S(G3)が行われる。京都競馬場の改修工事に伴い、今年も阪神開催となるが、フルゲート一杯の18頭がエントリーしている。

 17日現在、『netkeiba.com』の単勝予想オッズによると、10倍を切る馬は全部で5頭。単勝2.6倍で抜けた1番人気となっているギルデッドミラーは、昨年2着の実績は評価できる一方で、未だ重賞勝ちはない。約2年近く勝ち星から遠ざかっているゆえ、勝ち切るまではいかない可能性が高い。

 となると、他の人気馬もオープン昇級初戦や近況の成績が芳しくない馬ばかりで、伏兵馬が付け入る隙も十分あるはず。そこで狙ってみたいゾーンは上位5頭より次のグループである。

 なかでも面白い存在となりそうなのが、武豊騎手とのコンビで出走を予定しているクリスティ(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)。単勝23.8倍で想定8番人気となっているだけに、人気の盲点となりそうだ。

 本馬は4戦連続着外と最近は振るわないが、近2走はダートの敗戦。3走前は今回と同じG3で首位と0秒4差、そして4走前は一級馬が揃ったヴィクトリアマイル(G1)でハナを奪ったスピードの持ち主。過去に2勝している阪神芝コースに戻れば、巻き返す可能性は十分あるだろう。

 今回クリスティに初めて騎乗する武騎手も、巻き返しに手応えを感じているようだ。16日の追い切りに跨った武騎手は、自身のオフィシャルサイトで「坂路の追い切りはさすがの動き」と、絶賛している。

 また『大阪スポーツ』によると、武騎手は追い切りを終えたクリスティを「すごいね!こんなに走る子なんだね」と、褒めたそうだ。数々の名馬に騎乗してきたレジェンドだからこそ説得力のある言葉で、5戦ぶりの勝利も現実味を帯びてきた。

 そして、クリスティに久々の勝利に天も味方してくれるかもしれない。

 気象情報サイト『ウェザーニュース』によると、レース当日の阪神競馬場がある宝塚市は雨予報で降水確率は70%。高い確率で雨が降る予報のため、重馬場とまでいかなくても水分をそれなりに含んだ稍重馬場での開催が濃厚となってきた。

「クリスティは父キズナ、母父クロフネという武騎手に縁のある馬が揃っています。また、重厚感ある血統背景に加えて、母がダート2勝の成績を残しているように、渋った馬場は連対率が100%と得意です」(競馬誌ライター)

「ちょっと色気を持ちながら、キズナ産駒とのコンタクトを楽しんでくるつもりです」

 オフィシャルサイトの日記で密かにやる気を見せた武騎手。翌日のインティの騎乗前に、クリスティとのコンビで弾みをつけたいところだ。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA「こんなに走る子なんだね」武豊も驚いた初コンタクト! キズナとクロフネも後押し、「色気あり」コメントに最高のバックアップは週末の雨?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野