GJ > 競馬ニュース > 【UAEダービー(G2)展望】JRA馬が4頭登場! 快速G1馬の半兄と5戦5連対馬が世界に挑む! ライバルはアメリカの強豪もロシアの強烈追い込み馬にも警戒!?
NEW

【UAEダービー(G2)展望】JRA馬が4頭登場! 快速G1馬の半兄と5戦5連対馬が世界に挑む! ライバルはアメリカの強豪もロシアの強烈追い込み馬にも警戒!?

【この記事のキーワード】, ,

【UAEダービー(G2)展望】JRA馬が4頭登場! 快速G1馬の半兄と5戦5連対馬が世界に挑む! ライバルはアメリカの強豪もロシアの強烈追い込み馬にも警戒!?の画像1

 26日、ドバイのメイダン競馬場ではUAEダービー(G2)が行われる。今年は4頭もの日本馬が出走し、2016年のラニ以来の日本馬優勝を目指す。

 英国ブックメーカー『ウィリアムヒル』で日本馬最上位の人気に位置しているのが、サウジアラビアからの転戦となるセキフウ(牡3歳、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 半兄に2016年の高松宮記念(G1)を制したビッグアーサーがいる良血馬は、初勝利までに3戦を要したが、1勝を機に能力が開花。1勝クラス、兵庫ジュニアグランプリ(G2)と3連勝し、一気に重賞初制覇までこぎ着けた。

 初のマイル戦となった2走前の全日本2歳優駿(G1)では4着に敗れてしまったが、同距離だった前走のサウジダービー(G3)では鋭く追い込んで半馬身差の2着。当時の鞍上のC.デムーロ騎手は「直線で外に出したらすごい脚を使ってくれた」と差し脚を絶賛しており、舞台が替わっても期待できそうだ。

 今回は距離が更に300m延びて1900mとなるが、前走の伸び脚を見る限り距離の不安は無さそう。ブックメーカー全体でも2番人気に支持されるなど、世界の競馬ファンから期待されている。ラニ以来の日本馬優勝を果たす確率が、最も高い存在といえるだろう。

 セキフウに次ぐ3番人気となっているのが、コンバスチョン(牡3歳、美浦・伊藤圭三厩舎)だ。

 東京ダート1400mの新馬戦を4馬身差で快勝すると、続くヤマボウシ賞(1勝クラス)も完勝。3戦目の兵庫ジュニアグランプリではセキフウに敗れてしまったが、全日本2歳優駿では2着と大崩れしなかった。

 そして、前走の国内3歳ダート強豪馬が揃ったヒヤシンスS(L)は、内目を器用に立ち回って優勝。崩れるライバルの人気馬が多かったが、全レース連対の成績が示す通り、安定感のある走りをみせた。

 今回が初めての海外でのレースとなるが、休み明けを1度使われて状態は上向きとのこと。持ち前の安定感を発揮できれば、海外の強力メンバー相手にも通用するはず。

 ブックメーカー上の評価は低いが、他の日本馬2頭も侮れない。

 クラウンプライド(牡3歳、栗東・新谷功一厩舎)は、デビュー2連勝でつけた着差が計9馬身。ともに距離は1800mとスタミナも十分で、日本馬の中では本馬が最も距離の適性がありそうだ。

 前走のヒヤシンスSこそ6着と崩れたが、当日の馬場コンディションは前が止まらなかった。スタート後に他の馬に挟まれて位置が後ろとなってしまった本馬は馬場に泣いたといえる。鞍上のM.デムーロ騎手も「もったいない結果になってしまいました」と悔いており、巻き返す可能性は高い。

 1勝馬ながらUAEダービーに選出されたレイワホマレ(牡3歳、栗東・高柳大輔厩舎)は、追って味のあるタイプだ。前走のなでしこ賞(1勝クラス)は勝ったセキフウとタイム差無しの2着と互角の勝負を演じた。

 今回は5ヶ月ぶりの実戦となる。冬場に休養した効果で大きな成長曲線を描いていれば、アッと言わせる激走があるかもしれない。

 そんな楽しみな日本馬4頭の前に立ちはだかるのが、海外の強者たちだ。

 まずは『ウィリアムヒル』で、堂々の1番人気となっているパインハースト(牡3歳、米国・B.バファート厩舎)。

 今年のサウジダービーでセキフウら日本馬2頭を打ち破った。外枠から果敢に先行して4コーナーで先頭に立つと、最後まで他の馬にその座を譲らなかった。粘り腰の強さには定評があるため、各日本馬も本馬の先行粘り込みに注意したいところだろう。

 また、現在の世界情勢の中心にいるロシアにも有力な馬がいる。ブックメーカーで4番人気のアジュールコースト(牡3歳、ロシア・P.ヴァシュチェンコ厩舎)は、豪快な末脚が武器。

 メイダン競馬場で先月行われたUAE2000ギニー(G3)では、一時は先頭から15馬身ほど後方を追走していたが、直線でエンジンがかかると一気に先頭へ急接近。残り100mで先頭に立って、後続を突き放す快勝を収めた。

 果たして日本馬が2016年以来の戴冠となるか。それともダートの本場であるアメリカが意地を示すか。はたまたロシアの馬が直線でごぼう抜きするか。26日の発走時刻23時05分(日本時間)が待ちきれない。

【UAEダービー(G2)展望】JRA馬が4頭登場! 快速G1馬の半兄と5戦5連対馬が世界に挑む! ライバルはアメリカの強豪もロシアの強烈追い込み馬にも警戒!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】